レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

虐待につながる「不適切ケア」

不適切なケアを防ぐための振り返りポイント

不適切なケアを防ぐための振り返りポイント

日ごろのケアのなかで気をつけたい行為や言動に対して、自分自身を振り返るためのポイントを下記に挙げました。

1 急がせていないか
決められたスケジュールを守ろうと、行動をせかしたり、利用者が納得していないのにケアを始めたりすることは、利用者の人権を無視したケアになります。

20180822_02

2 目を見て話しているか
利用者の背後から話しかけたり、利用者の目を見ずに行うケアは、利用者に不安を与えます。しっかり相手の目を見て笑顔で「あなたのことを大切に思っています」というサインを伝えることが必要です。

20180822_03

3 人として尊重しているか
本人の目の前で認知症であることを話題にしたり、子どもに対するような接し方をしたりするなど、自尊心を傷つける言葉や態度には注意しましょう。常に利用者を敬う気持ちを持ち続けることが大切です。

20180822_04

4 利用者の自立を妨げていないか
利用者のペースを無視して必要以上に手を出すことは、その人ができることを奪っているということです。相手の能力を見極め、安全にできるかどうかを見守る配慮が必要です。

20180822_05

5 高齢者の身体状況が想像できているか
高齢者の体は、老化や疾患により骨や皮膚がもろくなったり、動作が緩慢になったり、また排泄障害が現れたり、といったことがよくあります。常に高齢者特有の心身の状態を想像し、ケアを行うことが必要です。

監修/ケアホーム西大井こうほうえん施設長 田中とも江
上川病院総師長在職中から「縛らない看護」に取り組む。以来、拘束廃止、虐待予防に携わり続け、「抑制廃止福岡宣言」(1998年)、「九州宣言」(1999年)のきっかけをつくる。2009年より現職。拘束廃止研究所所長。NPO法人シルバー総合研究所理事。

文/高野千春 イラスト/尾代ゆうこ
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2018 9・10月号

レクリエ 2018 9・10月号

53ページに掲載

おもなレク
  • 9・10月の壁画 お月見と桔梗
  • 重ねて貼って広げる「秋の実りのオブジェ」
  • 自立支援のための「意欲」を引き出すレク
  • 虐待につながる「不適切ケア」
  • ごぼう先生の大吉体操「下肢」
  • たこ焼き器で料理レク!「カレー焼きポテト」

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2022 1・2月号

レクリエ 2022 1・2月号

定価1,950円(税込)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ