レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

虐待につながる「不適切ケア」

虐待につながる不適切ケア事例~日常のケア

虐待につながる不適切ケア事例~日常のケア

こんなことも不適切ケアに
トイレの使用を制限する
頻繁に尿意を訴える利用者を、「さっき行ったばかりだから」と制止したり、あと回しにしたりすることは不適切ケアに当たります。入浴前のトイレなどが習慣になっている場合や、膀胱の機能低下によって残尿がある場合もあります。本人の意思を優先しましょう。

20180830_02

嫌がるのに入浴させようとする
「何日も入っていないから」「清潔にしてあげたいから」と、嫌がる利用者を無理に入浴させることは不適切ケアです。なぜ嫌なのか、本人に理由を尋ねることから始めましょう。そこには意外な原因があるものです。

20180830_03

茶碗におかずを全部のせる
食が進まないからといって、いろいろなおかずをすべてご飯にのせて利用者に食べさせるのは不適切ケアです。食事を楽しむ自由を奪うだけでなく、味も落ちてしまいます。食事に効率を持ち込んではいけません。

20180830_04

自分で食べられるのに食べさせる
自力で食事ができるのに、 時間がかかるからといって食事介助を行うことは、利用者のできることを奪うことになります。利用者の能力を維持するため、また食べた満足感を残すためにも、本人に確認したうえで「できることは自分でやっていただく」ことが必要です。

監修/ケアホーム西大井こうほうえん施設長 田中とも江
上川病院総師長在職中から「縛らない看護」に取り組む。以来、拘束廃止、虐待予防に携わり続け、「抑制廃止福岡宣言」(1998年)、「九州宣言」(1999年)のきっかけをつくる。2009年より現職。拘束廃止研究所所長。NPO法人シルバー総合研究所理事。

文/高野千春 イラスト/尾代ゆうこ
関連記事
【不適切事例3】便通があったのでほかの職員にも伝えました(9/5 公開予定)
【不適切事例4】車いすで職員の側にいてもらっています(9/12 公開予定)
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2018 9・10月号

レクリエ 2018 9・10月号

52,54,55ページに掲載

おもなレク
  • 9・10月の壁画 お月見と桔梗
  • 重ねて貼って広げる「秋の実りのオブジェ」
  • 自立支援のための「意欲」を引き出すレク
  • 虐待につながる「不適切ケア」
  • ごぼう先生の大吉体操「下肢」
  • たこ焼き器で料理レク!「カレー焼きポテト」
詳細はこちら

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2019 1・2月号

レクリエ 2019 1・2月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

会員ならではの3つの特典

  • 「今日は何の日?」
    が届く

  • 型紙・ぬり絵
    ダウンロード

  • 会員限定
    コンテンツ

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ