レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

虐待につながる「不適切ケア」

虐待につながる不適切ケア事例~コミニュケーション

虐待につながる不適切ケア事例~コミニュケーション

“虐待の芽”ともいわれる「不適切ケア」。介護者が「つい」「とっさに」行ってしまいがちな、配慮が不足したケアのことです。そんな「不適切ケア」の事例から、自分たちのケアを振り返ってみましょう。

こんなことも不適切ケアに
同じことを何度も重ねて確認する
「トイレは済ませましたか?」「本当に行きましたか?」「大丈夫ですか?」など、心配だからと利用者に同じことを重ねて確認してしまうことがあります。何度も聞かれたら、利用者もうんざりしますし、尊厳を傷つけてしまうことになります。

20180919_02

名前を「ちゃん」づけで呼ぶ
「ちゃん」をつけて利用者の名前を呼んだり、なれなれしい態度で接したりすることは、相手を軽んじているように見られてしまいます。本人が希望する場合は、ほかの利用者がいない場所に限定するなどの配慮が必要です。

20180919_03

ドアに鍵をかける
介護者の都合でドアに鍵をかけることは身体拘束に当たります。また、離床センサーマットは「監視されている」と感じる利用者もいます。本人がどう受け止めるかを考えたうえで、アセスメント(離床頻度や時間帯の把握)に活用するなど目的を持ち、時間を制限して利用しましょう。

20180919_04

「動かないで!」と命令口調で声かけ
「動かないで!」「座っていて!」といった声かけは、利用者の行動制限に当たります。こうした言葉による拘束を「スピーチロック」といいます。利用者の意に沿わない行動の制限は行うべきではありません。言われた人の気持ちを推し量ることが大切です。

監修/伊東美緒
東京都健康長寿医療センター研究所研究員、看護師、保健師。介護施設や在宅での認知症ケアを研究。著書に『認知症の方の想いを探る~認知症症状を関係性から読み解く~』など。

文/高野千春 イラスト/田上千晶
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2018 9・10月号

レクリエ 2018 9・10月号

52,56,57ページに掲載

おもなレク
  • 9・10月の壁画 お月見と桔梗
  • 重ねて貼って広げる「秋の実りのオブジェ」
  • 自立支援のための「意欲」を引き出すレク
  • 虐待につながる「不適切ケア」
  • ごぼう先生の大吉体操「下肢」
  • たこ焼き器で料理レク!「カレー焼きポテト」

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2019 9・10月号

レクリエ 2019 9・10月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

会員ならではの3つの特典

  • 「今日は何の日?」
    が届く

  • 型紙・ぬり絵
    ダウンロード

  • 会員限定
    コンテンツ

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ