レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

虐待につながる「不適切ケア」

【不適切事例4】車いすで職員の側にいてもらっています

【不適切事例4】車いすで職員の側にいてもらっています

Dさんは自立歩行が可能ですが、家族から転倒させないよう言われているので、車いすで常に職員の側にいてもらうようにしています。
このケアの何が問題なのでしょう?

20180912_02

【ここに注意!】常時、車いすに乗せて連れ歩くことは、その人の自由を奪うことになり、身体拘束に当たります。
家族の意向もあり、安全を第一に行っていたとしても、歩ける人を車いすに座らせ、身動きをとらせないようにすることは、身体拘束に当たります。身体拘束は、肉体的につらいだけでなく、精神的な苦痛を伴います。Dさんは、人間としての尊厳を損なわれるだけでなく、このケアがつらい体験として心に残ってしまいます。また、安易に車いすを使うと体の機能低下を招く恐れがあります。

利用者の自由や権利を奪うようなケアは行わないのが大原則。家族に対してはきちんと説明したうえで、安全に歩ける環境を整えましょう。

監修/伊東美緒
東京都健康長寿医療センター研究所研究員、看護師、保健師。介護施設や在宅での認知症ケアを研究。著書に『認知症の方の想いを探る~認知症症状を関係性から読み解く~』など。

文/高野千春 イラスト/田上千晶
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2018 9・10月号

レクリエ 2018 9・10月号

57ページに掲載

おもなレク
  • 9・10月の壁画 お月見と桔梗
  • 重ねて貼って広げる「秋の実りのオブジェ」
  • 自立支援のための「意欲」を引き出すレク
  • 虐待につながる「不適切ケア」
  • ごぼう先生の大吉体操「下肢」
  • たこ焼き器で料理レク!「カレー焼きポテト」

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2021-2022 特別号

レクリエ 2021-2022 特別号

定価1,950円(税込)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ