レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

“振り返り”でわかる

認知症の人への対応~チームケア【4】経験が浅いスタッフがいるケース

認知症の人への対応~チームケア【4】経験が浅いスタッフがいるケース

こんな対応をしてみましょう
ほかのスタッフと連携し、チームの一員であることが意識できる働きかけをしてみましょう。ケアの経験が浅かったり、チームケアの経験がなかったりする人の中には、複数のスタッフが連携して1人の利用者にかかわるイメージが抱けない人もいます。

ケアがうまくいかない場合、ほかのスタッフに悩みを打ち明けられない人もいるでしょう。このようなスタッフに対しては、チームケアのメリットを理解してもらうことが大切。利用者を複数の視点で見ることで、1人では気づけないことを発見できる点、さまざまなケアの発想が生まれたりする点などを説明します。また、チームの一員であることを意識してもらうため、ケアの節目節目で、利用者の様子を聞くといいでしょう。

対応のポイント

● チームケアの経験が浅いスタッフのケアがうまくいった時に「どうしてうまくいったか?」を聞き、それを繰り返すことで、情報を共有することの大切さ、すなわちチームケアの大切さに気づいてもらいます。

● 聞く時は、「どんなことを言ったら○○さんがあんな笑顔になったの?」など、具体的な対応や言葉かけを聞きます。

監修/六角僚子
独協医科大学看護学部在宅看護学領域教授。看護師、保健師、介護支援専門員でもある。NPO法人認知症ケア研究所代表理事を務め、茨城県水戸市を中心に「デイサービスセンターお多福」などを運営する。

文/高野千春 イラスト/中小路ムツヨ

この記事が掲載されている号

レクリエ 2015 11・12月号

レクリエ 2015 11・12月号

71ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る壁画「古都のもみじ」
  • ステンドグラスのツリー
  • 誰でも楽しめるアート
  • 片麻痺の人のためのゲームレク
  • 今、求められるレクリエーションとは?
  • 目からウロコ!介護の現場Q&A

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 3・4月号

レクリエ 2024 3・4月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ