レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

ヒヤリ・ハット報告書が「気づき」力をつける!

ヒヤリ・ハット報告書の書き方のポイント

ヒヤリ・ハット報告書の書き方のポイント

具体的な書き方のポイントと、よくある事例を通して気づきにつながる報告書の書き方を覚えましょう。

5W1Hを基本に
基本的にWhen(いつ)Where(どこで)Who(だれが)What(何を)Why(なぜ)How(どうした)の5W1Hで文章を構成します。曖昧だったり明確ではなかったりすることがらがある場合も、わかる部分だけでもいいので簡潔に書きましょう。

客観的な事実を書く
誰が読んでも意味が正しく伝わるよう、具体的な事実を客観的に記述しましょう。「元気があった」「興奮していた」といった印象だけの主観的な記録では、正確な情報が読み手に伝わりません。

私情は入れない
「わがままで苦情が多い」「ちょっとしたことですぐに怒る」といった私情の入った表現は、根拠のある記録になりません。記録者自身に原因があった場合も考えられます。読み手にネガティブな先入観を植えつけることにもなるので、客観的に書きましょう。

監修/浦尾和江
田園調布学園大学人間福祉学部社会福祉学科介護福祉専攻教授。東京都介護福祉士会理事、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員。著書に『介護職のための根拠に基づいた記録の書き方(共著)』など。
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2019 7・8月号

レクリエ 2019 7・8月号

54ページに掲載

おもなレク
  • 7・8月の壁画「大輪の花火」
  • 手・指を動かす!音楽レク~ほたるこい
  • 機能向上のための上肢の可動域が広がるレク
  • 野菜ジュースで!3色の豆腐白玉あんみつ
  • ヒヤリ・ハット報告書が「気づき」力をつける!
  • 無理なくできるコグニサイズ~正拳突き

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2019 7・8月号

レクリエ 2019 7・8月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

会員ならではの3つの特典

  • 「今日は何の日?」
    が届く

  • 型紙・ぬり絵
    ダウンロード

  • 会員限定
    コンテンツ

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ