レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

家族と介護

利用者家族とのコミュニケーション[4]~利用者の体調変化編

利用者家族とのコミュニケーション[4]~利用者の体調変化編

■利用者の体調の変化に気づいたとき
利用者の体調の変化に気づいた場合、一方的に受診をすすめるだけだと、利用者も家族も不安になります。すぐ受診できない、病院に行く力がない利用者や家族もいます。たとえば、デイケアの入浴サービスのスタッフは、利用者の皮膚疾患や体調などがいち早くわかります。

しかし、皮膚が赤くなっていたとしても、家族に「すぐに受診してください」と安易に言わないようにします。すでに受診していたり、治りかけの場合もありますから必ず確認をして、受診につなげたいときは、段階をふんだ声かけをしましょう。
kiji_09
■伝え方
連絡帳に「皮膚が赤くなっていますね」など状態をわかりやすく書いて、家族のリアクションを見ます。「どうしたらいいですか」と家族が聞いてきたら、状況をよく聞いた上で、看護師とも相談をして、必要があれば受診をすすめるなどの対応をします。

◎家族から何も聞いてこない場合は、直接家族に電話をして状況を確認し、看護師と相談をした上で対応をします。

■関連記事
利用者家族とのコミュニケーション[1]~送迎編
利用者家族とのコミュニケーション[2]~連絡帳での反応編
利用者家族とのコミュニケーション[3]~別居家族への連絡編

関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2014 9・10月号

レクリエ 2014 9・10月号

69ページに掲載ページに掲載

おもなレク
  • 9・10月の壁画 秋桜の咲く丘
  • 深まる秋を楽しんで 季節の制作
  • 定番競技をアレンジ! 運動会
  • 敬老会 喜ばれるお祝いプラン
  • 頭を使うゲームレク
  • 3色月見だんご

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 3・4月号

レクリエ 2024 3・4月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ