レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

よりよいケアに活かす

介護記録の書き方~記録を書く目的

介護記録の書き方~記録を書く目的

介護記録を書く目的とは
毎日書いている介護記録ですが、実は「うまく書けない」「時間がかかる」「書き方がよくわからない」などと悩んでいる人は少なくありません。的確な記録はよりよいケアに結びつきます。ポイントを押さえて、正確に、効率のよい記録の書き方を身につけましょう。

「利用者に対する対応や処置の記載が不十分」「内容に継続性がなく断片的」「利用者の日常生活の様子があまり記載されていない」「ケアプランに基づいた内容があまりない」「記録ではなくメモ書きになっている」など、介護記録にはさまざまな課題が見受けられます。

これらはどうして起こるのでしょう? それは、介護記録を書く目的がよく理解されていないから。記録の目的をきちんと理解すれば、有効な記録を作成することができます。

【介護記録を書く目的】
・スタッフ間での情報を共有
・利用者の状態や希望をケアプランに反映
・利用者・家族とスタッフ間のコミュニケーションツール
・スタッフの意識と専門性の向上
・万が一の時のための証明

監修 富川雅美
社会福祉法人戸田市社会福祉事業団「戸田市立健康福祉の杜」元施設長。介護記録の書き方に一家言あり、著書に『よくわかる介護記録の書き方』(メヂカルフレンド社)。
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2014 7・8月号

レクリエ 2014 7・8月号

51ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る7月の壁画 七夕の夜空
  • 涼を呼び込む 季節の制作
  • 簡単なしかけで本格的に! 七夕マジック
  • 競わないのが楽しい! ゲームレク
  • 手作りゲームで夏祭り
  • 天の川キラキラパフェ

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2020 9・10月号

レクリエ 2020 9・10月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

  • 型紙・ぬり絵が
    ダウンロードできます
    (バックナンバーのみ)

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ