レクリエ レクリエ レクリエ

よりよいケアに活かす

介護記録の書き方【2】~伝えるために必要なこと

介護記録の書き方【2】~伝えるために必要なこと

記録に際してはいくつか押さえておきたいポイントがあります。これらは、情報を書き残すだけではなく、きちんと伝えるために必要なこと。この「伝える」という意識をもつことで、書き方は変わってきます。

主な記録には、ご存じのように「業務日誌」(介護日誌、日・夜勤日誌)、「ケース記録」(経過記録、生活記録)など、いくつかの種類があります。業務日誌は申し送りのための記録、ケース記録は利用者の生活・活動状況などを随時記録するもので、それぞれに目的が異なります。
 
それぞれ、求められる適切な内容を記載しなければいけませんが、記録の種類を問わず徹底したいのは、記録した箇所ごとに署名すること。記録によっては複数のスタッフが記録する場合もあるため、だれがどの箇所を記録したのかわかるようにするためです。

監修 富川雅美 社会福祉法人戸田市社会福祉事業団「戸田市立健康福祉の杜」元施設長。介護記録の書き方に一家言あり、著書に『よくわかる介護記録の書き方』(メヂカルフレンド社)。
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2014 7・8月号

レクリエ 2014 7・8月号

52ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る7月の壁画 七夕の夜空
  • 涼を呼び込む 季節の制作
  • 簡単なしかけで本格的に! 七夕マジック
  • 競わないのが楽しい! ゲームレク
  • 手作りゲームで夏祭り
  • 天の川キラキラパフェ

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 3・4月号

レクリエ 2024 3・4月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ