レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

“振り返り”でわかる

認知症の人への対応~家族へのケア【1】

認知症の人への対応~家族へのケア【1】

家族のケアを認め言葉を聞くことが大切
認知症の人は外見だけを見れば、健常の高齢者と何ら変わりがないことが少なくありません。それだけに、周囲からはその人をケアするのは「それほど、大変なことではない」などと思われることが多いのです。

家族にとって、自分たちの介護が認められる機会はあまりないのが現状です。特に、配偶者、娘や息子、お嫁さんなどの主介護者は、誰にも介護の大変さをわかってもらえないと孤独感を抱え、追い詰められているケースもあります。このような状況を踏まえ、認知症ケアは、利用者だけでなく、その家族にも向けられるべきだと考えられるようになっています。

日頃から「頑張っていますね」などと言葉かけをし、精神的負担を軽減するよう心がけます。自分たちスタッフが、常に家族の理解者であることを示すようにしましょう。

監修/六角僚子
独協医科大学看護学部在宅看護学領域教授。看護師、保健師、介護支援専門員でもある。NPO法人認知症ケア研究所代表理事を務め、茨城県水戸市を中心に「デイサービスセンターお多福」などを運営する。

文/高野千春 イラスト/中小路ムツヨ

この記事が掲載されている号

レクリエ 2016 1・2月号

レクリエ 2016 1・2月号

68-69ページに掲載

おもなレク
  • 2月の壁画「椿とうさぎ」
  • お正月の餅花飾り
  • 身近な小道具を使った音楽レクリエーション
  • バレンタインデーのお菓子「いちごチョコ」
  • その介護、もしかして虐待?
  • 連絡帳はこう書く!
詳細はこちら

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2019 1・2月号

レクリエ 2019 1・2月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

会員ならではの3つの特典

  • 「今日は何の日?」
    が届く

  • 型紙・ぬり絵
    ダウンロード

  • 会員限定
    コンテンツ

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ