レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

介護保険改正で介護現場はどう変わる?

改正後のレクの考え方・あり方「機能訓練での”回復”後の生活を支えるレク」

改正後のレクの考え方・あり方「機能訓練での”回復”後の生活を支えるレク」

今後は、サービス事業所・施設にリハビリテーション専門職の配置が進み、機能訓練がより多く実施され、心身の機能を回復させていく高齢者も増えていくことでしょう。

しかし、レクリエーションの担当職員は、「訓練重視」のケアになると恐れたり、引け目を感じる必要はありません。訓練の結果、よくなった心身機能を上手に活用させるのは、その人の「機能」ではなく、「前向きな意欲」なのです。それを訓練で生み出すことは困難です。訓練は決して楽しいものではありません。ここに、機能訓練とレクリエーションの連携の必要性が見えてきます。訓練で機能を回復させ、その機能を発揮させる意欲をレクリエーションで創造する、ということです。

また、今回の改正のなかで、リハビリテーション・サービスの充実に関して強調された考え方の一つに「参加」(社会参加の支援)があります。これは、訓練で機能回復後、社会の一員として集団・地域の中で暮らすことを重視するものです。

監修・執筆 高野龍昭
東洋大学ライフデザイン学部准教授。社会福祉士、介護支援専門員。在宅介護支援センターのソーシャルワーカーや、居宅介護支援事業所でケアマネジャーとして活躍後、現職。『これならわかる〈スッキリ図解〉介護保険第2版(2015年)』(翔泳社)ほか著書多数。
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2015 5・6月号

レクリエ 2015 5・6月号

59ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る壁画【バラの花園】
  • こいのぼりの壁飾り
  • ハンカチ巾着
  • レクを利用した下肢運動
  • 簡単にできる!指の体操
  • 5・6 月の料理レク~水無月

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2020 7・8月号

レクリエ 2020 7・8月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

  • 型紙・ぬり絵が
    ダウンロードできます
    (バックナンバーのみ)

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ