レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

介護現場のハラスメント対策

ハラスメント対策は自分を守り、利用者のためにも役立つ

ハラスメント対策は自分を守り、利用者のためにも役立つ

ハラスメント対策は自分を守り、利用者のためにも役立つ
「セクシュアルハラスメント」や「パワーハラスメント」など職場でのハラスメントが問題化し、どの産業においてもその対策が重要視されるようになりました。背景には分野を問わず、個人の尊厳・人格を守る意識が高まってきたことがあります。
しかし、介護の対象者(利用者)は認知症などの疾患を抱えた人がほとんどなので、利用者から受けた苦痛に対して声を上げづらい雰囲気があったり、その行為がハラスメントなのか、疾患による症状なのかわかりにくかったりするために、職員が必要以上に我慢してしまうという問題が生じやすい環境にあります。日々、ハラスメントにさらされているケースもあり、それが離職の大きな理由の1つになるなど、職員への影響は少なくありません。
近年では、その問題に目が向けられるようになってきました。現場でのハラスメントに対して適切に対応することは、自分自身やほかの職員を守り、職場環境を改善し、ひいては質のよい介護サービスに結びつきます。
1人ひとりの適切な対応が、結果的に利用者や家族のためになる、という意識を持ち、まずは、介護現場でのハラスメントについて正しく理解をしましょう。

本誌では、ハラスメント対策のポイントや事例を詳しく紹介しています。

監修/松宮良典
ふくろう法律事務所 弁護士。介護支援専門員。高齢者・障害者総合支援センター「ひまわり」運営委員、高齢者・障害者施設の顧問・第三者委員などを務める。訪問介護やデイサービスの生活相談員、ケアマネジャー、総合高齢者福祉施設副施設長を経て弁護士に。著書に『事例詳解 介護現場における苦情・ハラスメント対応の実務』(日本加除出版)など。

文/松崎千佐登
イラスト/のいぷらこ
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2023 1・2月号

レクリエ 2023 1・2月号

51ページに掲載

おもなレク
  • 【壁面】みんなで作る壁面 1・2月 春を呼ぶ福寿草
  • 【カレンダー】毎月作ろう 今月のカレンダー
  • 【制作】季節の制作 しめ縄リース
  • 【制作】季節の制作 節分の鬼の飾り
  • 【特集1】全身を動かす 大人数で楽しめるゲームレク
  • 【話のネタ】一日の始まりに、会話のきっかけに 今日は何の日?

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2023 3・4月号

レクリエ 2023 3・4月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ