レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

根拠のある認知症ケア

なぜ介護職にアセスメントが必要なのか?

なぜ介護職にアセスメントが必要なのか?

アセスメントは利用者を理解するために必要なツール
介護業界におけるアセスメントとは、利用者の状態や生活背景を知るための情報を集めて分析し、利用者の課題を明確にすることを言います。ケアマネジャーによるアセスメントをもとに、ケアプランが作成されるので、アセスメントの正確さが、介護の質を直接左右することになります。利用者に接する介護者は、このアセスメントの情報をもとに利用者への理解を深めることが大切です。

アセスメントという利用者を理解する(=どういう人かを知る)ためのツールを持つことにより、利用者との関係を深めることは、よりよいケアを行うための助けにもなります。

本誌では、認知症ケアにアセスメントが重要な理由や、ケアに活かすアセスメントの方法を詳しく紹介しています。

監修/里村佳子
社会福祉法人呉ハレルヤ会 呉ベタニアホーム理事長。広島国際大学臨床教授、広島県認知症介護指導者、広島県精神医療審査会委員、呉市介護認定審査会委員。2017年、訪問看護ステーション「ユアネーム」(東京・荻窪)を開設。著書に『尊厳ある介護』(岩波書店)。

文/森 麻子
イラスト/藤原ヒロコ
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2021 11・12月号

レクリエ 2021 11・12月号

58ページに掲載

おもなレク
  • 【壁面】みんなで作る壁面 12月 リース飾りのツリー
  • 【制作】季節の制作 もみじの壁飾り
  • 【音楽レク】頭と体をしっかり動かす!音楽レク
  • 【ゲーム】感染予防に配慮した 手・指の動きを滑らかにするレクリエーション
  • 【特集】書いたあとが肝心 ヒヤリ・ハット報告書を活用して 介護事故を防ぐ!
  • 【話のネタ】毎日の会話のきっかけに! 今日は何の日?

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2022 1・2月号

レクリエ 2022 1・2月号

定価1,950円(税込)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ