レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

⽬からウロコの感染予防対策

【感染予防】⽇常に潜む意外な感染の危険とは

【感染予防】⽇常に潜む意外な感染の危険とは

液体石けん・アルコール消毒薬のつめ替えに潜む危険
液体石けんやシャンプーをつめ替える時は、必ず容器を洗って消毒→乾燥。アルコール消毒薬は新品と取り替えましょう。

そのままつぎ足しをすると容器の中で雑菌が繁殖しやすくなる!
液体石けんやシャンプー・リンスの容器を洗剤で洗っただけでは、消毒効果はないので雑菌は死滅しない。必ず塩素系漂白剤につけたあと、しっかり乾燥させること。

消費期限切れのアルコール消毒薬は効果がない!
アルコール消毒薬は空気に長く触れると、消毒薬の成分が変化して消毒効果がなくなる。容器には、必ず開封日と消費期限を記載する。開封から6カ月を過ぎると、有効に消毒ができるかわからないため、消費期限を過ぎたら、残っていても必ず新品と取り替える。

タオルやおしぼりの共用に潜む危険
利用者の皮膚に接するものは共用しないようにします。

使用済みのリネンには菌やウイルスが付着!
使用済みリネンには、さまざまな菌やフケ、尿や便などがついている可能性がある。床に置けば、床についた菌が靴底から施設中の床に拡がる。また、防護具なしで使用済みリネンを丸めて抱き抱えると、手や服に菌が付着する。リネン交換時には、必ず手袋、エプロン、マスクをすること。

おしぼりは雑菌の温床
洗濯では菌を殺菌できません。濡れたおしぼりは、特に菌が繁殖しやすいので注意。使い捨てのおしぼりを使用すること。

本誌では、リネン交換時に潜む3つの危険も紹介しています。

監修/吉⽥理⾹
東京医療保健⼤学⼤学院医療保健学研究科感染制御学教授。⽇本看護協会感染管理認定看護師。近畿⼤学医学部附属病院の安全管理部感染対策室看護⻑として、感染制御教育や研修などを⾏い、2013年より同⼤学准教授、2017年より現職。編著に『なぜ︖がわかる⾼齢者ケアの感染対策〇と×』(メディカ出版)がある。

イラスト/さいとうかこみ
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2019 11・12月号

レクリエ 2019 11・12月号

56ページに掲載

おもなレク
  • 11・12月の壁面「紅葉に染まる秋」
  • 機能向上のための競うから意欲がわくレク
  • にんじんが入った!パンケーキタワー
  • 五感を刺激する手法で豊かな発想と関心を引き出す
  • レクリエcafe おたよりをご紹介します!
  • 目からウロコの感染予防対策

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2020 1・2月号

レクリエ 2020 1・2月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

  • 型紙・ぬり絵が
    ダウンロードできます
    (バックナンバーのみ)

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ