レクリエ レクリエ レクリエ

体操

介護エンターテイナー⽯⽥⻯⽣先⽣監修

⼿と脳を鍛える!脳トレ指体操

⼿と脳を鍛える!脳トレ指体操

指を動かすことは脳にも身体にも効果的
指先を刺激すると脳が活性化すると言われています。さらに手指を動かしながら声を出すことで、より効果が高まります。

指の体操がおすすめなのは、座ったままどこでも安全に行うことができるから。指に刺激を与えるだけでも効果的なので、認知症の中・重度の人にもぜひ行ってほしいと思います。

行うにあたっては、毎日少しの時間でも継続することが大切です。1つの体操につき、2〜3パターンの体操を紹介していますので、どんどんチャレンジしてみてください。

「難しい」と感じている時のほうが、脳は活性化しています。失敗しても気にせず、みんなで笑い合って楽しい気持ちで体操しましょう。

こんな効果があります!
1 脳が活性化する
手指をしっかり動かすことで、脳が活発に動きます。動かすことが難しい場合は、指先を触るだけでも効果的です。

2 生活動作がスムーズに
「箸を持つ」「ボタンを閉める」「ドアノブを握る」など、さまざまな生活場面で手指の動きは大切です。指の体操によって、生活動作の維持・向上に期待ができます。

3 達成感が得られる
指の体操はいつでもどこでも、誰でも気軽に行えます。道具を使わずに簡単にでき、達成感が得られます。

4 誰でも取り組みやすい
全身を大きく動かすものや、下肢を動かす体操ができない人でも、手指なら動かすことができます。片麻痺の人には、片手でできるところだけでも行ってもらいましょう。

準備体操
指の体操を行う前に、手や指をよく動かしておきましょう。

手ぶらぶら
両手を上げて、手首から先をぶらぶらと振る。5秒ほど行ったら介護者が「ストップ」と言って止め、3セットほどくり返す。

本誌では、手ぶらぶらのほか、3つの準備体操や、あたまを使って楽しくできる5つの脳トレ指体操、要介護度が高い人向けのやり方も紹介しています。

監修/⽯⽥⻯⽣
作業療法⼠、ケアマネジャー、芸⼈。⼤阪よしもとの養成所を卒業後、介護施設で作業療法⼠として働きながら、フリーのお笑い芸⼈に。芸⼈活動での経験を⽣かし、「⼈⽣のラストに笑いと⽣きがいを」をモットーに、「介護エンターテイナー」として活動している。(⼀社)介護エンターテイメント協会を設⽴し、セミナー講師・イベントゲストとして⽇本全国を⾶び回る。

写真/⼩澤達也(Studio Mug)
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2019 特別号

レクリエ 2019 特別号

36,37ページに掲載

おもなレク
  • カードで脳トレレクリエーション
  • 頭と体を動かす!音楽レク
  • 手と脳を鍛える!脳トレ指体操
  • ごぼう先生の民謡体操
  • 認知症の人とできる口腔レク
  • ホワイトボードでできる!歌って脳トレ

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2019 11・12月号

レクリエ 2019 11・12月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

会員ならではの3つの特典

  • 「今日は何の日?」
    が届く

  • 型紙・ぬり絵
    ダウンロード

  • 会員限定
    コンテンツ

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ