レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

介護最新ニュース

「介護・子育てのダブルケア」実態調査を公表

「介護・子育てのダブルケア」実態調査を公表

「ダブルケア」とは「親の介護」と「子育て」が同時期に発生する状況を指します。高齢出産のケースが増えてダブルケアが身近になる中、内閣府も昨年4月に実態調査を行うなど社会的な課題として定着しつつあります。

このダブルケアについて、ソニー生命保険株式会社が、横浜国立大学・相馬直子准教授、英国ブリストル大学・山下順子講師の協力を得てインターネットリサーチを行いました。昨年に続き今年で2回目の調査で、対象は全国の大学生以下の子をもつ父母。2100名からの回答が得られました。

全体では、「ダブルケアを経験した人」(直面中および過去に経験の合計)が6.5%、「ダブルケアが自分事の問題である人」(経験および数年先に経験の合計)が13.5%となっています。

経験者を対象にした「ダブルケアで何を負担に感じるか」の問いには、「精神的・体力的な負担」や「介護・子育てのどちらかを十分にできない」などが上位に。また、「経済的な負担」も大きく、ダブルケアにかかる毎月の平均費用は8万円を超えています。一方で、経験者の29.8%が「介護や育児を理由に離職」し、これは未経験者の3倍近くにのぼります。

こうした厳しい状況が明らかになる中、経験者に「やっておいた方が良かった備え」を質問したところ、「親が元気なうちに介護について話し合う」が3割超。次いで「地域の支援制度を調べる」「親族と負担・分担について話し合う」となりました。介護現場で働く人にとっても他人事ではない「ダブルケア」。職場でも上司・同僚と話し合う機会を持ちたいものです。

文/田中 元
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2017 7・8月号

レクリエ 2017 7・8月号

66ページに掲載

おもなレク
  • 夏の壁画 海辺のハイビスカス
  • 伝承の飾りで「七夕リース」
  • 口腔・食事のための体操&ゲーム
  • ホットプレートでスティックお好み
  • 認知症ケア~入浴のケア編
  • 医療連携での介護職の役割
詳細はこちら

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2019 1・2月号

レクリエ 2019 1・2月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

会員ならではの3つの特典

  • 「今日は何の日?」
    が届く

  • 型紙・ぬり絵
    ダウンロード

  • 会員限定
    コンテンツ

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ