レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

介護の現場Q&A

食事や入浴介助などに追われ、思うようなケアができません。

食事や入浴介助などに追われ、思うようなケアができません。

【Q】食事や入浴介助などに追われ、思うようなケアができません。テレビの前に座っている利用者を見ると、申し訳ない気持ちになります。
日常的な生活援助が忙しく、利用者とゆっくりコミュニケーションがとれません。
テレビの前に座っている姿を見ると、ほったらかしにしている気がします。どうしたらいいでしょうか?

【A】介助をしながらコミュニケーションをしているなら大丈夫! 利用者が満足しているかどうかをよく見てみましょう。
介護の仕事とは、援助を必要とする利用者の生活全体を支えるものです。そうした食事や入浴などの介助に「追われている」と感じていたとしても、黙ってそれらの作業をしているわけではないはずです。「今日のおかずおいしそうですね」「暖かくなりましたね」など、コミュニケーションをとりながら行っていると思います。

そうであれば、とりたてて会話だけをする時間をつくらなくても大丈夫では?介助を行うすべての場面がコミュニケーションの時間だと捉えた方がよいでしょう。

また、テレビの前に座っていただいているとしても、それが必ずしも悪い関わり方とは思いません。利用者の表情が穏やかだったり、楽しそうにご覧になっていれば心配は無用です。

もちろん、「なんとなくテレビを見ているだけ」の状態にならないよう、好みの番組に変えるなど、少しでもテレビの時間が楽しめるように工夫することは大事です。

高橋好美
特別養護老人ホーム・レジデンシャル常盤台施設長。看護師、ソーシャルワーカーを経験後、社会福祉士、介護支援専門員の資格を取得。大田区立特別養護老人ホームたまがわ特養第一課課長を経て現職。

取材・文/山辺健史(介護ライター) イラスト/山口まく
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2016 9・10月号

レクリエ 2016 9・10月号

63ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る壁画「ぶどうと柿の実り」
  • ハロウィンの吊るし飾り
  • 下肢筋力向上のためのレクリエーション
  • トイレのための体操
  • 利用者の自立を促す立ち上がり介助
  • その人らしい最期を支える「看取り介護」

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 3・4月号

レクリエ 2024 3・4月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ