レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

体も、心も元気になる

散歩レクのすすめ[2]

散歩レクのすすめ[2]

散歩レクのすすめ[1]

■ケアプランに位置づけてケアの一環として行う
散歩は心身の機能向上に役立つものとして、ケアプランに組み込んでいくことが望ましいといえます。たとえばデイサービスで散歩を行う場合は、「通所介護計画書」に屋外でのサービスの一つとして散歩をすることを記載します。散歩を機能訓練の一環として位置づけると、その訓練を適切に行うことが求められます。
散歩が心身の機能向上に役立つものであることを示し、散歩を積極的に取り入れたいものです。

【グラフ】ウォーキング・プログラムの効果
認知症ではないがやや認知機能が低下した人(MMSEという認知機能検査で26点以下の人)で、ウォーキング・プログラム実施後、「数字ひらがな追跡課題」(数字とひらがなを順に追って線で結んでいくテスト)の反応時間が短くなり、注意・遂行能力が上がったことが検証された。

~高橋龍太郎 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター研究所(東京都老人総合研究所)副所長

[3]に続く>>

関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2014 3・4月号

レクリエ 2014 3・4月号

64ページに掲載ページに掲載

おもなレク
  • 桜から広がるレクリエーション
  • 身近な材料でできる! ゲームレク
  • 春の料理を楽しんで【焼き桜餅・菱寿司】
  • 作って楽しい季節の制作
  • ロコトレで下肢をもっと鍛える!
  • 心が通うコミュニケーションとは

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2023 1・2月号

レクリエ 2023 1・2月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ