レクリエ レクリエ レクリエ

デイ探訪

自身を取り戻しQOLも向上!

ショッピングリハで先進的な試みを行う半日型デイ【2】

ショッピングリハで先進的な試みを行う半日型デイ【2】

職員の子どもたちが遊ぶあったかムードのなかで行う密度の高いリハ
ショッピングリハビリと並んで同デイの特色となっているのが、マシンを使って身体機能を高める「パワーリハビリ」です。同デイでは、6台のマシンを備え、上肢・下肢・体幹の筋力保持や増強を図るリハビリを行っています。そのプログラムは、疲れすぎずに無理なく筋力を高める「低負荷・反復運動」で、個人に合わせて調整しています。パワーリハビリのあとショッピングリハビリに行くことで、その安全性や効果をアップするねらいもあります。

また、ボール遊びのような動作などを通じて、反射能力や調整能力などを高める「コーディネーショントレーニング」も取り入れています。本来、スポーツ界で行われているトレーニングですが、高齢者にも有効と考えて導入をしたそうです。

さらに、足腰や首・肩の痛みがある人には、理学療法士が施術や指導をしながら、テーピングを行っています。テーピングというと、スポーツ選手などが痛めた筋肉を補助するイメージがありますが、同デイで行っているのは、伸縮性に富むテープを収縮してしまった筋肉に沿って貼り可動域を高める「キネシオテーピング法Ⓡ」です。テープを貼ると「動きやすい」「体が軽くなる」と好評です。

さまざまなリハビリのほかにも、同デイで利用者の「元気のもと」になっている存在があります。それは「子ども」たち。同デイでは、働き方改革の一環として、スタッフが子連れで働けるようになっており、子どもと利用者が自然にふれあう機会になっています。「子どもたちと会えるのが楽しみ」という利用者も多く、そのふれあいがやる気を引き出すケースもあるそう。「子どもの力は大きいですね。スタッフには働きやすく、利用者さんにとっても子どもたちにとってもよい環境だと思っています」(山口さん)

一般社団法人シンビオージ デイサービスセンターまちいろ(埼玉県坂戸市)
文/松崎千佐登 写真/中村年孝
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2019 3・4月号

レクリエ 2019 3・4月号

40ページに掲載

おもなレク
  • 3・4月の壁画「水辺の桜」
  • 手・指を動かす!音楽レク
  • 機能向上のための下肢がしっかり動くレク
  • ご飯で作れる!桜餅
  • こんな時どうしたらいい?制作レクQ&A
  • 無理なくできるコグニサイズ

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2019 5・6月号

レクリエ 2019 5・6月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

会員ならではの3つの特典

  • 「今日は何の日?」
    が届く

  • 型紙・ぬり絵
    ダウンロード

  • 会員限定
    コンテンツ

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ