レクリエ レクリエ レクリエ

誌面

図解 障害特性をふまえた機能向上

図解 障害特性をふまえた機能向上
介護度が同じでも、それぞれの利用者が抱える疾患や障害は異なります。利用者の疾患や障害の特性を理解しないまま介助を続けると、症状を悪化させることがあります。利用者の障害特性を理解し、残された能力を生かす介助で身体機能の向上を目指しましょう。
監修/田中義行(たなか よしゆき) 理学療法士。株式会社大起エンゼルヘルプ、品川区立東大井地域密着型多機能ホーム在職。身体拘束廃止活動に積極的に取り組むとともに、研修会や講演活動で全国に出向く。著書は『潜在力を引き出す介助』(中央法規出版)ほか多数。 イラスト/竹口睦郁
関連記事
片麻痺の人の階段を下りる介助(11/21公開予定)
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ2017 特別号

レクリエ2017 特別号

52-53ページに掲載

おもなレク
  • 機能向上トレーニング
  • 機能向上のための指の体操
  • 紙コップで作業療法的トレーニング
  • できなくてあたりまえ体操
  • 図解 障害特性をふまえた機能向上
  • 計算でトレーニング

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 3・4月号

レクリエ 2024 3・4月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ