レクリエ レクリエ レクリエ

ゲーム

コミュニケーションを活発にするレク

コミュニケーションを活発にするレクのポイント

コミュニケーションを活発にするレクのポイント

工夫しながらコミュニケーションを活発に!
コミュニケーションを図ることは、脳への刺激や不安感・ストレスの軽減など様々な利点がありますが、コロナ禍によって近距離での会話やふれ合うことが制限され、コミュニケーションの機会が減ってしまっています。これにより、利用者の孤独感や認知機能の低下につながることが懸念されています。

そこで今回は、感染予防に配慮しながらも、コミュニケーションを活発にすることができるレクを考えました。距離をとったうえで、自分のことやなつかしい思い出を話すことによって、他者との交流を深めます。さらに、ポーズを合わせたり、相手の表情を読んだりといった、言葉を発さなくてもできる非言語コミュニケーションも取り入れています。

感染予防に配慮しながら、コミュニケーションを活発にするポイント
1 非言語コミュニケーションを取り入れる
2 作業は個人で行い近距離での会話を減らす
3 利用者の話を復唱してみんなに伝える

本誌では、コミュニケーションを活発にするレクリエーションやそのポイントを詳しく紹介しています。

監修/尾渡順子
医療法人中村会 介護老人保健施設あさひな 認知症介護レクリエーション実践研究会。介護現場での実践者として日本各地でレク研修を行っている。

監修/医療法人中村会 介護老人保健施設あさひな リハビリテーション科

イラスト/福井典子
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2021 7・8月号

レクリエ 2021 7・8月号

30~39ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る壁面 7月「ひまわり畑」
  • 季節の制作「七夕飾り」
  • ゲーム「感染予防に配慮したコミュニケーションを活発にするレク」
  • 音楽「頭と体をしっかり動かす!音楽レク」
  • 体操「体操&ツボ押しでお達者に!ごぼうと予防体操」
  • 特集「利用者と介護者の命を守るための水害対策」

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2022 1・2月号

レクリエ 2022 1・2月号

定価1,950円(税込)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ