レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

うまくいかないのはなぜ?

得意なレクを嫌がる認知症利用者への対応【前編】

得意なレクを嫌がる認知症利用者への対応【前編】

Q 得意だったレクリエーションを嫌がるようになった利用者に、どう対応したらいいでしょうか?
制作レクが好きで意欲的に取り組んでいたAさんが、最近は「やりたくない」と言います。「できるところまででいいですよ」と誘ってなんとか参加してもらっても、すぐに手が止まってしまい……。どうしてなのでしょう。

20180425_2

A 失行・失認があると、手や足が思いどおりに動かないことがあります。作業を変えるなど、できることを探りながらアプローチ法を考えていきましょう。
Aさんが制作レクをやりたがらないのは、認知症の中核症状である失行や失認によって「できなくなっている」可能性があります。まずは失行や失認の特性を理解して、今のAさんができそうなことを探してみましょう。

対応のポイント
「失行」とは、運動機能には問題がないのに、これまで行ってきた動作や物の操作ができなくなることです。一方、「失認」は、自分の体の状態、体と物の位置関係などをうまく認識できなくなる状態です。これらにより、昨日までできていたことが今日はできなくなってしまう場合があるため、「やりたくない」のではなく、「できない」のかもしれないと考えてみることも必要です。混乱や落ち込み、怒りなどがそのサインとなるので、観察してみましょう。

折り紙を半分に折るという簡単なことでも、角と角、線と線が合わないなど、空間認知能力が低下した失認の人にとってはとても難しいもの。この場合、折り紙をちぎるなど位置関係がわからなくてもできる作業に切り替えてみましょう。また、失行・失認のある人でも、洗濯物をたたむ、テーブルを拭くなど、手続き記憶(繰り返し行うことで身についている技術や記憶)に基づく日常的な動作はできることが少なくありません。これらをお願いしてみるのもいいでしょう。

監修/伊東美緒 東京都健康長寿医療センター研究所研究員、看護師、保健師。介護施設や在宅での認知症ケアを研究。著書に『認知症の方の想いを探る~認知症症状を関係性から読み解く~』など。 文/高野千春 イラスト/田上千晶

この記事が掲載されている号

レクリエ 2018 5・6月号

レクリエ 2018 5・6月号

58,59ページに掲載

おもなレク
  • 5・6月の壁画 折り染めのあじさい
  • 端午の節句の壁飾り
  • ごぼう先生の大吉体操「バランス」
  • 「役割」を感じられるレクのコツ
  • バリアフリー2018へ行こう!
  • こんな時どうしたら?身体介助Q&A

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 3・4月号

レクリエ 2024 3・4月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ