レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

見直そう!「医行為ではない行為」

介護職ができる医行為ではない行為「異変」【2】

介護職ができる医行為ではない行為「異変」【2】

心構え2.ケアの前後の利用者の“小さな異変”を見逃さない
介護職が行う「医行為ではない行為」の基本的条件は、利用者の状態が安定していること、専門的なケアが必要でない状態であることです。介護職は、日常のケアを通して利用者の健康な時の状態を把握し、少しでも異変があれば、“行うケアに関連がないように見えても”医療職に相談しましょう。

こんな時は 医療職に相談
いつもより元気がない
発熱や下痢などが原因で元気がない場合もあります。また、持病の悪化も考えられます。

20180215_02

いつもの体温や血圧と違う
明らかに熱がある、血圧が高いなどはもちろん、体温や血圧がいつもと違ったら、すぐに医療職に報告します。

20180215_03

皮膚が赤い、かぶれている
同じところに湿布を貼り続けていると、皮膚がかぶれたりします。皮膚に異常がある場合は、必ず医療職に報告します。

監修/関 弘子 看護師として病院勤務を経て、短期大学、専門学校にて老年看護学を担当。千葉県看護協会、国際医療福祉大学看護生涯学習センターにて看護管理者教育に携わる。複数の病院にて人材育成およびマネジメントを経験。現在、株式会社Leap 取締役兼統括部長。医療・介護職向けの研修などを行っている。 イラスト/中村 知史
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2018 3・4月号

レクリエ 2018 3・4月号

53ページに掲載

おもなレク
  • 作業療法的トレーニング
  • 揺れる「輪飾りおひなさま」
  • 自立支援のためのレク
  • 作業療法的トレーニング
  • 「医行為ではない行為」の心得
  • たこ焼き器で料理レク

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 3・4月号

レクリエ 2024 3・4月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ