レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

ヒヤリ・ハット&事故報告書

ヒヤリ・ハット報告書を書く4つの理由【2】

ヒヤリ・ハット報告書を書く4つの理由【2】

ヒヤリ・ハット事例や事故の報告書を書くことには、重要な意味があります。利用者、介護者、事業所のために必要であることを、ここでしっかりと確認しておきましょう。

ケアの質を上げるため
事例・事故の内容を、職員全員で共有するのはとても意味のあることです。どうして起こったのか、どうすればよかったのか、そのためには何が必要かを考え話し合うことは、職員自身の介護の見直しにもつながり、今後のケアの質を向上させます。

グループワークをしよう!
1つの事例を取り上げ、グループごとに話し合う「グループワーク」が効果的です。この場合、報告書での事例をそのままテーマにするのではなく、あくまでも「起こりがちな事例」として発生日時や利用者の情報は架空のものに。一般化し、提出者を特定しにくくすることで、職員が報告書の提出を躊躇することのないようにします。

グループワークには、ケアを行う職員だけでなく、施設の運営に携わる全職員が参加すると、視点の異なる意見の中から気づくこともあります。

監修/高橋好美 特別養護老人ホーム レジデンシャル常盤台施設長。看護職、メディカルソーシャルワーカーを経験した後、社会福祉士、介護支援専門員の資格を取得。大田区立特別養護老人ホームたまがわ特養第一課課長を経て、2009年より現職。 文/高野千春 イラスト/岡村奈穂美
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2018 1・2月号

レクリエ 2018 1・2月号

52ページに掲載

おもなレク
  • 1月の壁画 福を呼ぶ招き猫
  • おりがみの鬼で「節分飾り」
  • 買い物のためのゲーム&レク
  • ホットプレートでチョコレートフォンデュ
  • ヒヤリ・ハット&事故報告書
  • 認知症ケア~人間関係の改善編

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 5・6月号

レクリエ 2024 5・6月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ