レクリエ レクリエ レクリエ

デイ探訪

保育園併設、園児が毎日遊びに来る!

園児との交流で笑いが絶えないデイ【2】

園児との交流で笑いが絶えないデイ【2】

日常的な交流で利用者も園児も笑顔に
葛城福祉会が「かつらぎ保育園」を開設したのは戦後まもなくのこと。そしてそして1998年、隣にデイサービスを設立。「以来、園児たちが毎日デイに遊びに来ています」と、葛城デイサービスセンターの石川佳一施設長は話します。

「核家族化が進んだ現代、家に小さな子どもがいない利用者様が多く、なおのこと子どもたちとの交流を楽しみにしてくれているのかもしれません。子どもたちの姿に心がほぐれるようで、みなさん自然に笑顔になります。高齢者の笑顔を引き出す力は子どもにはかないません。また、ひ孫世代との交流により自分の子育て時代を回想する方もいます」

一方、園児は“ひいおばあちゃん・ひいおじいちゃん”というべき存在に温もりや優しさを感じているよう。「いい経験になると思います」と、石川施設長。

171129_02

毎日の交流のほか特別なイベントもあります。5月には年長クラスになった園児との顔見せを兼ねたお楽しみ会があり、翌3月にはその子たちの卒園を祝う会が。顔なじみの園児が卒園して小学生になるのは、ひ孫の成長を見るような喜びでしょう。さらに保育園の乳幼児を抱っこしたり、年長クラス以外の園児と歌う会があったり、園児が利用者に和太鼓を披露するイベントもあります。

そんなデイサービスは室内にも工夫がありました。壁には年長クラスの園児の名前とともに顔写真が貼られています。それを見ながら「これ、僕だよ」「写真よりお兄さんになったね」と、また会話が弾むとか。筑波山や山の動物、ロケットなどが描かれた大きな貼り絵も飾られています。

「『子どもたちが来て楽しい環境なら、利用者様も喜ぶかな』とスタッフが考えました」

社会福祉法人 葛城福祉会 葛城デイサービスセンター(茨城県つくば市) 文╱佐藤ゆかり 写真╱中村年孝
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2017 11・12月号

レクリエ 2017 11・12月号

38,39ページに掲載

おもなレク
  • 秋の壁画 銀杏並木の散歩道
  • 雪の結晶のオーナメント
  • 掃除・洗濯のためのゲーム&レク
  • 「バリデーション」を生かそう!
  • 認知症ケア〜トイレ介助編
  • 今日は何の日?11月[霜月]

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 3・4月号

レクリエ 2024 3・4月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ