レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

介護ステップアップ講座

歩行補助用具の正しい選び方 その1

歩行補助用具の正しい選び方 その1

歩行補助用具をすでに使っている人の場合、その用具を選んだきっかけ(動機)があるはずです。「ふらつきがひどくなった」といった身体的要因、「引き戸のレールにつまずいた」といった環境的要因など、さまざまでしょう。

介護者としては、今使っている用具が適しているかどうかを見極めておきたいもの。この見極めができていれば、起こりそうな事故や、利用者の弱いところなどに注意を向けやすくなるからです。そのためにも、次の4つの視点を把握しておきましょう。

■状況分析する4つの視点
[1]利用者の身体状況
 1.利用者の体格は?
  サイズが合っているか?
 2.疾患はある?
  麻痺など、歩行を妨げる症状があるか?
 3.理解力は?
  高次脳機能障害や認知症などがあるか?
 4.ADL(日常生活動作)は?
  立つ、座る、移動などの状態は?
[2]介護の状況
 施設以外の場所で、誰がどの程度介護できるか? 介護者が不在の時は大丈夫か?
[3]使用環境
 屋内、屋外、どちらで使用するか?
 その環境に適した用具か?
[4]動機
 本人の希望か? 家族の希望か?
 目指すところはどこか?

歩行補助用具の正しい選び方 その2>>

関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2014 7・8月号

レクリエ 2014 7・8月号

66-67ページに掲載ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る7月の壁画 七夕の夜空
  • 涼を呼び込む 季節の制作
  • 簡単なしかけで本格的に! 七夕マジック
  • 競わないのが楽しい! ゲームレク
  • 手作りゲームで夏祭り
  • 天の川キラキラパフェ

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2022 9・10月号

レクリエ 2022 9・10月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ