レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

コミュニケーションのコツ

レクリエーションに誘っても参加しません

レクリエーションに誘っても参加しません

利用者の言動
「そんなことはやりたくない」と言って何もしない

見方を変えると
このレクはやりたくないが、好きなことであれば参加するかも?

対応のポイント
利用者の断りをそのまま受け取ると、利用者の本当のニーズが見えてきません。「今日」はやりたくないのか、あるいは「ほかにやりたいこと」があるのか、利用者の本当の気持ちを探る絶好の機会です。

20161228_02

「YES」を引き出す言葉かけ
★「ほかにやりたいことがありますか?」
★「運動よりも何か作るほうがお好きですか?」
★「○○をやってみませんか?」

監修/吉田輝美
博士(社会福祉学)。昭和女子大学人間社会学部福祉社会学科准教授。大学卒業後、老人ホームに介護職員や生活相談員として勤務する。介護従事者のストレスマネジメントやコミュニケーショントレーニングを研究し展開している。著書に『現場で使えるコミュニケーションのコツ』(技術評論社)など多数。

イラスト/さいとうかこみ
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2017 1・2月号

レクリエ 2017 1・2月号

55ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る壁紙「新春の海」
  • お正月の吊るし飾り
  • 個別対応レクリエーション
  • そうじのための体操
  • コミュニケーションのコツ
  • 暮らしの歳時記「1月」

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2023 1・2月号

レクリエ 2023 1・2月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ