レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

“理由を探る”レッスン

被害妄想の背景にある本心を探る

被害妄想の背景にある本心を探る

被害妄想は否定せず、冷静な対応を
被害妄想とは、実際にはそのような被害がないにもかかわらず、本人がそれを事実として信じて疑わない状態を指します。いくつかの種類があり、自分の物を盗まれたと訴える「物盗られ妄想」や、配偶者が浮気をしているなどと訴える「嫉妬妄想」のほか、「悪口を言われている」「殺される」といった被害を訴える場合もあります。

これらの被害妄想は、認知症だけでなく、精神障害や脳疾患、薬の影響などが原因となって引き起こされることもあり、場合によっては医師の治療が必要になります。

被害妄想に基づいた利用者の訴えに対し、介護者がそれは事実ではないと説得しようとするケースは少なくありません。特に、自分が責められるような内容の訴えの時は、「私は盗んでいません」「ご自分で片付けていましたよ」などと訂正したくなるものです。しかし、本人は本当に被害を受けたと感じて困っているのですから、その心情を理解し、冷静に対応する必要があります。

被害妄想は人との関係によって起こるもの
では、なぜ被害妄想は起こるのでしょうか。物盗られ妄想を例に考えてみましょう。認知症を発症して短期記憶障害が起こると、自分が片付けた場所を忘れてしまうことなどから、「頻繁に物がなくなる」という体験が生じます。自分が片付けたり、なくしたりした記憶もないため、「なくなったのは誰かが盗んだからだ」という理由にすることで、自分や周囲の人を納得させようとしているのではないでしょうか。

また、被害妄想では、家族や介護者など本人にとって身近な人を「加害者」として責めることが多いようです。その一因として考えられるのは、相手との上下関係のバランスを保ちたいという気持ちです。認知症になり一方的にケアを受ける時間が長くなると、それまでと比べて自己評価が低くなり、相手にへりくだるような感覚を持ちがちです。

一方、「被害者」と「加害者」では、一般的に被害者の話のほうが人に耳を傾けてもらえるので、加害者よりも上位の立場にあるといえます。そこで、被害を訴えることで、崩れてしまった人間関係のバランスを取り戻そうとしているとも考えられるのです。

このように考えると、被害妄想は、否応なしに変化していく自分自身や、社会とのかかわりを取り戻そうとした結果、起こるものといえます。つまり、被害妄想は「人とのかかわりによって起こるもの」なのです。だとすると、「人とのかかわりによってなくすことのできるもの」ともいえます。この点を理解して、被害妄想の背景にはどんな思いが隠れているのかを考えてみましょう。

監修/裵鎬洙(ペ・ホス) 介護福祉士、介護支援相談員、主任介護支援専門員。認知症ケアの観点を増やし、コミュニケーションセンスを磨く研修を提供している。研修オフィス・アプロクリエイト代表、介護老人保健施設名谷すみれ苑主任相談員、コミュニケーショントレーニングネットワーク講師を務める。著書に『“理由を探る”認知症ケア―関わり方が180度変わる本』(メディカル・パブリケーションズ、2014年)がある。 イラスト/尾代ゆうこ
関連記事
本人が求めていることから考えられる対応のヒント(12月29日公開予定)

この記事が掲載されている号

レクリエ 2017 1・2月号

レクリエ 2017 1・2月号

58ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る壁紙「新春の海」
  • お正月の吊るし飾り
  • 個別対応レクリエーション
  • そうじのための体操
  • コミュニケーションのコツ
  • 暮らしの歳時記「1月」

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 5・6月号

レクリエ 2024 5・6月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ