レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

音楽レク

みんなの音楽~「金色夜叉」のあらすじおさらい

みんなの音楽~「金色夜叉」のあらすじおさらい

歌のあらすじをおさらいしてから歌いましょう!
『金色夜叉(こんじきやしゃ)』は、明治30年にスタートした新聞連載小説でした。作者の尾崎紅葉(おざきこうよう)が35歳という若さで急逝(きゅうせい)したため未完ですが、昭和に入ってから映画やドラマ化され人気を博しました。歌う前にあらためて物語のあらすじをおさらいすると、歌への理解がいっそう深まります。

●『金色夜叉』のあらすじ
一高(いっこう)の学生、間貫一(はざまかんいち)にはお宮(みや)という許婚(いいなずけ)がいました。ところがお宮は富豪の富山(とみやま)に見初められて富山と婚約してしまうのです。

納得がいかない貫一は、最後に熱海の海岸でお宮の心変わりをなじります。お宮は、富山家の金で貫一を洋行(ようこう)させたいのだと言うのですが、激怒(げきど)した貫一は聞く耳を持ちません。あげくはお宮を蹴(け)り飛ばし、有名なセリフ『来年の今月今夜……』を吐いて行方をくらましてしまうのです。

その後、お宮を見返そうと高利貸(こうりが)しになる貫一。一方のお宮も幸せには暮らしておらず、というところで物語は終わってしまいます。

作者の創作メモには、「貫一は正義のために金を使い果たす」「お宮が富山に嫁いだのには意図があってのことだった」などと書かれていたそうです。未完で終わっているため解釈がいろいろとある謎の作品なのです。

ねらい
非常によく知られた歌や物語なので、みんなと一緒に歌うことで参加者同士の共有感を持ちやすく、一体感を感じることができます。

監修/堀田圭江子
音楽療法士。主に高齢者・障がい児・高次脳機能障害の方などを対象に音楽療法を実践。20年の臨床経験をもとに後進の育成や講演なども実施。
音楽療法セラピスト養成講座
http://www.horitamt.com

イラスト/藤田ヒロコ
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2016 1・2月号

レクリエ 2016 1・2月号

66ページに掲載

おもなレク
  • 2月の壁画「椿とうさぎ」
  • お正月の餅花飾り
  • 身近な小道具を使った音楽レクリエーション
  • バレンタインデーのお菓子「いちごチョコ」
  • その介護、もしかして虐待?
  • 連絡帳はこう書く!

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 3・4月号

レクリエ 2024 3・4月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ