レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

利用者目線でレクを考える

今、求められるレクリエーション【1】こころを動かすレク

今、求められるレクリエーション【1】こころを動かすレク

毎日のレクリエーション活動は、施設や業務主体で内容を決め、利用者には指示に従って動いてもらう、ということも多いでしょう。集団生活を行うなかでは、ある程度管理されていることは必要です。しかし、利用者の選択や自己決定のチャンスを奪ってはいないでしょうか?

今、本当に求められているレクとは、体や頭を動かすだけではなく、利用者が生きがいを感じられるような「こころを動かす」レクなのではないでしょうか。与えられ、やらされているのではなく、自ら「やってみたい」「(やって)うれしい」と思えることが大切です。さらに、他者からほめられることで「うれしい」「もっとよくしたい」という気持ちや、「私にもできる」という自己効力感が生まれます。

そんなレクが、生きがいを感じる、こころを動かすレクなのです。

【監修】尾渡順子
社会福祉法人 興寿会 教育実践研修センター、認知症介護レクリエーション実践研究センター所長代理。介護現場での実践者として日本各地でレク研修を行っている。

イラスト/かまたいくよ
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2015 11・12月号

レクリエ 2015 11・12月号

60ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る壁画「古都のもみじ」
  • ステンドグラスのツリー
  • 誰でも楽しめるアート
  • 片麻痺の人のためのゲームレク
  • 今、求められるレクリエーションとは?
  • 目からウロコ!介護の現場Q&A

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2020 7・8月号

レクリエ 2020 7・8月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

  • 型紙・ぬり絵が
    ダウンロードできます
    (バックナンバーのみ)

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ