レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

災害が起こった時、まず何をするべきか?

日常のケアの延長線上で考える備蓄品【2】~保管場所の選び方

日常のケアの延長線上で考える備蓄品【2】~保管場所の選び方

設備の点検・整備では、例えば、新たなベッドを導入する場合、より移動や移乗が容易なものを選ぶ、イベント用にバーベキューコンロを購入する時は炊き出しにも使えるようなタイプを選ぶなど、備品を揃える際に被災時を想定することで、災害用に特別なものを準備する必要がなくなります。

棚などの設備も、最小限の移動で避難スペースを確保できるよう、あらかじめ考えて配置しておけばいいのです。そうするだけで、万一の際の労力が少なくてすみ、配置を考えることがシミュレーションにもつながります。

保管場所は被害の恐れがない場所を
備蓄で気をつけておきたいのが保管場所。トイレ用水はトイレの側など、使用する場所に近いほうが便利です。しかしスペースがなければ、被害の恐れが少なく、運ぶためのルートが断たれないような場所を選びます。中越沖地震の被災施設では、屋外倉庫に保管していました。
 
また、保管場所を数か所に分散して備蓄する、取引業者と協定を結び必要時に物資を搬送してもらうなども有効です。

監修/静岡県立大学短期大学部 社会福祉学科専任講師
鈴木俊文
介護老人保健施設、グループホームでの実務経験の後、日本福祉大学高浜専門学校講師などを経て現職に。専門は介護施設の災害過程教材・研修プログラムの開発、認知症ケアなど。著書に『災害時の介護―介護施設が巻き込まれる5つの変化』(みらい刊)など。
文/高野千春 イラスト/福井典子
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2014 9・10月号

レクリエ 2014 9・10月号

60ページに掲載

おもなレク
  • 9・10月の壁画 秋桜の咲く丘
  • 深まる秋を楽しんで 季節の制作
  • 定番競技をアレンジ! 運動会
  • 敬老会 喜ばれるお祝いプラン
  • 頭を使うゲームレク
  • 3色月見だんご

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2020 7・8月号

レクリエ 2020 7・8月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

  • 型紙・ぬり絵が
    ダウンロードできます
    (バックナンバーのみ)

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ