レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

高齢者医療の新しい概念

「老年症候群」を知ってケアに生かそう~身体的・精神的特徴

「老年症候群」を知ってケアに生かそう~身体的・精神的特徴

加齢につれて、高齢者にはさまざまな身体的・精神的な衰えが現れてきます。しかも、その現れ方は、原因と結果が一対一で対応するように単純ではなく、糸が絡み合ったように複雑なものです。これを「老年症候群」として包括的にとらえ理解することで、ケア対象者の生活を支える糸口が見つかってくるでしょう。

そうなれば、介護職の専門性がより発揮できることにもなるはずです。今回は、まだ新しい概念である「老年症候群」について知り、ケアへのつなぎ方を考えていきましょう。

老年性症候群につながる身体的・精神的特徴
・視力低下
・難聴
・膀胱萎縮(ぼうこういしゅく)、前立腺肥大、頻尿・残尿・尿失禁
・筋肉量が減る
・記銘力・活動意欲の低下、新しい環境への適応力の低下
・骨が脆(もろ)くなる
・皮膚感覚が鈍くなる
・関節の柔軟性・弾力性が失われ、可動域が減る

東京ミッドタウンクリニック シニア医療部 部長
トラストクリニック等々力 院長 大蔵 暢
1971年生まれ。富山医科薬科大学(現・富山大学)を卒業後、聖路加国際病院などを経て2001年に留学のため渡米。ワシントン大学で公衆衛生学を、ミシガン大学で老年医学・高齢者医療を学び、2009年に帰国。日本老年病専門医、米国内科・老年医学専門医。著書に『「老年症候群」の診察室─超高齢社会を生きる』(朝日新聞出版、2013年)がある。
イラスト/藤原ヒロコ
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2015 7・8月号

レクリエ 2015 7・8月号

52ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る壁画【ひまわり畑】
  • 七夕の壁飾り
  • 切り紙の吹き流し
  • 認知症の人と楽しめるゲームレク
  • 簡単にできる! 指の体操
  • 7・8月の料理レク~のし梅

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2020 9・10月号

レクリエ 2020 9・10月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

  • 型紙・ぬり絵が
    ダウンロードできます
    (バックナンバーのみ)

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ