レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

根拠のある認知症ケア

コロナ禍の認知症の人との接し方

コロナ禍の認知症の人との接し方

コロナ禍で認知症の症状が悪化!?
今まで行われてきた介護者と利用者とのコミュニケーションは、タッチングや正面から目を合わせての声かけなど、とても“密”なスタイルでした。しかし、新型コロナウイルスが感染拡大するなかでは、介護現場でも感染対策を講じながらコロナと向き合う、新しい介護スタイルへの変容を余儀なくされました。「マスク越しのコミュニケーション」「必要最小限の会話」「ソーシャルディスタンスの徹底」など、感染予防のためにはいずれも不可欠な対応です。

しかし一方で、このような介護スタイルの変化による影響が、認知症の利用者にさまざまな形で現れるようになってきました。

本誌では、感染に注意しながら介護者がとるべき適切な対応例をQ&A形式で詳しく紹介しています。

監修/里村佳子
社会福祉法人呉ハレルヤ会 呉ベタニアホーム理事長。広島国際大学臨床教授、広島県認知症介護指導者、広島県精神医療審査会委員、呉市介護認定審査会委員。2017年、訪問看護ステーション「ユアネーム」(東京・荻窪)を開設。著書に『尊厳ある介護』(岩波書店)。

文/森 麻子
イラスト/藤原ヒロコ
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2021 3・4月号

レクリエ 2021 3・4月号

58, 59ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る壁面3・4月 「満開のしだれ桜」
  • 帯を丸く輪にして 「てまり風おひなさま」
  • 感染予防に配慮した 「片麻痺の人も楽しめるレクリエーション」
  • 寝たきりにならないための 「やさしいひざ裏のばし」
  • 頭と体をしっかり動かす! 「音楽レク」
  • 感染症にかからない、かからせないための 正しい口腔ケア

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2021 5・6月号

レクリエ 2021 5・6月号

定価1,950円(税込)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ