レクリエ レクリエ レクリエ

誌面

コミュニケーションに役立つ

連絡帳はこう書く!

連絡帳はこう書く!
連絡帳は居宅介護サービス計画書などのように、法律で義務化され様式が国によって示されているものとは異なるため、その様式や使い方は施設によってさまざまです。そのため、業務がルーチン化され、毎回書くことが同じ……などということもあるのではないでしょうか。連絡帳の本来の目的は、一日の様子を家族に伝え、事業所と家族との間のコンセンサスを得ることです。それゆえに、記載内容にミスがあってはなりません。利用者が帰宅するまでの短時間に書かなければならないことが多いので、ミスを防ぐ工夫が必要になってきます。
監修 梅沢佳裕 一般社団法人 福祉と介護研究所 代表理事。社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター。介護専門学校の助教員を経て、特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター相談員を歴任し、デイサービスやグループホームの立ち上げをプロデュースする。介護士、相談員、ケアマネ向けスキルアップ研修など、多数の講演活動を行っている。
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2016 1・2月号

レクリエ 2016 1・2月号

60-61ページに掲載

おもなレク
  • 2月の壁画「椿とうさぎ」
  • お正月の餅花飾り
  • 身近な小道具を使った音楽レクリエーション
  • バレンタインデーのお菓子「いちごチョコ」
  • その介護、もしかして虐待?
  • 連絡帳はこう書く!

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2024 3・4月号

レクリエ 2024 3・4月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ