レクリエ レクリエ レクリエ

介助・ケア

介護最新ニュース

排泄予測デバイスが個人向けにもサービス開始

排泄予測デバイスが個人向けにもサービス開始

世界初の排泄予測デバイスとして、2017年に誕生した「DFree(ディーフリー)」。長さ6センチ程度の小型センサーを腹部に装着し、人体に無害な超音波センサーを用いて膀胱の変化を捉え、排泄のタイミングを予測するというものです。企画・開発・販売を手がけるのは、トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社。同社はこれまで、トライアルを含めると延べ500の介護施設に、DFreeを活用した「排泄予測サービス」や「排泄自立支援サービス」を提供してきました。

2018年7月からは、新たに個人向けサービス「DFree Personal」の提供をスタートさせました。これまでの介護施設向けの製品を、日常生活で個人が気軽に使えるようアレンジしたものです。センサー付きの本体から発信された排泄予測の情報が、BluetoothⓇ通信で専用アプリを搭載した携帯端末に送信され、外出先などでも確認することができます。従来の排泄予測の機能に加え、歩く・立つ・座るなど、姿勢による膀胱の変化も想定した補助計測の機能がプラスされました。

携帯端末の専用アプリも、利用者本人が確認しやすいシンプルなものになっています。家でも外出先でも、排泄の自立を積極的に進めたいという人にとって、頼もしい味方となりそうです。

文/田中 元
関連記事
関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2018 11・12月号

レクリエ 2018 11・12月号

66ページに掲載

おもなレク
  • 11・12月の壁画「三角リースのクリスマスツリー」
  • 11・12月の制作「はりこの亥(いのしし)」
  • 自立支援のための上肢を動かすレク
  • 利用者を守るための災害への備え
  • 牛乳パックで作業療法的トレーニング
  • 事例別認知症ケア~こだわりへの対応
詳細はこちら

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2018 11・12月号

レクリエ 2018 11・12月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

会員ならではの3つの特典

  • 「今日は何の日?」
    が届く

  • 型紙・ぬり絵
    ダウンロード

  • 会員限定
    コンテンツ

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ