レクリエ レクリエ レクリエ

介護最新情報

家族と離れて暮らす高齢者をサポートする「つながりプラス」

家族と離れて暮らす高齢者をサポートする「つながりプラス」

新たなコミュニケーションツールとしても
高齢社会白書によれば、65歳以上の高齢者がいる世帯のうち半数以上が「ひとり暮らし」か「夫婦のみ」となっています。そうした時代では、別居する親の日常生活を把握し、異変などを早期に察知することが大きな課題となります。

現状でも、遠隔での安否確認が可能な「見守りサービス」は多々あります。これに対し、もう一歩踏み込んで本人と別居する親族とのコミュニケーションを後押しするサービスが、2014年2月に
誕生しました。それが「つながりプラス」(株式会社こころみ)です。

これは、契約した高齢者に特定の担当者(コミュニケーター)が付き、毎週2回、1回10分程度、本人に電話をするというものです。コミュニケーターは事前に本人と面談し、その人の生活歴や趣味などを聞いたうえで、日常生活のことを気軽に話せるような信頼関係を築きます。

一方、家族に対しては、電話でのやりとりの内容をメールでレポートします。高齢者の場合「心配をかけたくない」という心理が働いて、家族には生活の実態を伝えないことがあります。第三者のコミュニケーターが聞き手となることで、家族には伝わりにくい生活の様子も把握できるようになるわけです。

この「つながりプラス」には、認知症早期発見スケールを用いるオプションサービスもあります。独自に開発したスケールを使い、本人に意識させることなく、日々の会話から認知症の前駆症状がないか確認して、レポートで家族に伝えます。

さらに、本人が健康不安を訴えた際に相談できる「安心相談サービス」や、緊急時に提携する警備会社が駆けつける「安心駆け付けサービス」もオプションで用意されています。

関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2015 1・2月号

レクリエ 2015 1・2月号

79ページに掲載ページに掲載

おもなレク
  • 1月の壁画【新春の富士山】
  • 正月の扇飾り/正月の箸袋
  • 紅白茶巾しぼり/恵方巻き
  • 節分を楽しむゲームレク
  • 1人でもできるゲームレク
  • 音楽療法的レク講座
詳細はこちら

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2018 11・12月号

レクリエ 2018 11・12月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

会員ならではの3つの特典

  • 「今日は何の日?」
    が届く

  • 型紙・ぬり絵
    ダウンロード

  • 会員限定
    コンテンツ

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ