レクリエ レクリエ レクリエ

多様化して選べるようになった

見守り型介護ロボット

見守り型介護ロボット

写真は「見守りかぼちゃん」。

認知症などの要介護者を見守るロボットは、現在、さまざまな企業で開発され、多様化しています。施設で使われるロボットは、複数の施設利用者を同時に見守ることができたり、複数の職員が情報を同時に共有することができます。離れた場所にいても、利用者からのSOS(ナースコールなど)だけに頼らない介護が可能になるのです。

また、在宅介護で使われるロボットは、要介護者に異常があれば見守る側の携帯電話などに連絡。メールや画像で確認できるため、事故が起きる前に駆け付けることも可能になると、期待されています。

201406_kiji49_02_m
在宅介護を支援するケアロボの特徴
福祉関連機器メーカー「テクノスジャパン」が開発、製品化。居室内のセンサーが働くと、介護者の携帯電話などにメール送信。薬の飲み忘れや、室温の異常なども、報知器からの無線やセンサーで知らせてくれる。

介護施設や自宅での利用を想定「見守りかぼちゃん」
「ピップ(株)」ですでに製品化されているコミュニケーションパートナーロボット「うなずきかぼちゃん」に、見守り機能を付けたロボット(現在開発中。早ければ来年中に商品化。

日中は要介護者と「話す」「うなずく」などして、コミュニケーションを取りつつ、生活のリズムを整える。また、居室内に設置した各種センサー機器等をネットワークで組み合わせ、要介護者を見守る。

関連キーワード

この記事が掲載されている号

レクリエ 2014 7・8月号

レクリエ 2014 7・8月号

79ページに掲載ページに掲載

おもなレク
  • みんなで作る7月の壁画 七夕の夜空
  • 涼を呼び込む 季節の制作
  • 簡単なしかけで本格的に! 七夕マジック
  • 競わないのが楽しい! ゲームレク
  • 手作りゲームで夏祭り
  • 天の川キラキラパフェ

最新号

レクリエ 2022 9・10月号

レクリエ 2022 9・10月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ