レクリエ レクリエ レクリエ

デイ探訪

高齢者と障がい者の共生型デイ

ランチを調理する“働くリハビリ” で地域の一員に【1】

ランチを調理する“働くリハビリ” で地域の一員に【1】

生活リハビリ、文化活動、労働、地域交流……。それらを一体化させた独自の運営を行うのが、「カルチャースクール亀吉」。「世話をされるより社会の役に立ちたい」と願う利用者の充実した時間と笑顔が、そこにはありました。

デイサービスの機能訓練としての調理。地域の人に食べてもらうことがやりがいに
木を基調にした温かい雰囲気のレストラン「かめキッチン」。十数卓が並ぶフロアの奥にある厨房で、デイサービス「カルチャースクール亀吉」の利用者たちが事前に自分たちで決めたメニューを手際よく作っていきます。

一緒に作るのは、同じ法人の就労支援事業所の仲間や地域のボランティア。できあがった料理は、レストランのランチバイキングとして提供されます。最近は「料理リハビリ」を行うデイが増えていますが、その料理をレストランで一般の方に提供することは、全国でも珍しく、画期的な試みです。

「料理リハビリ自体は10年前から行っていました」と言うのは、かめキッチンの母体であるNPO法人シニアライフセラピー研究所理事長の鈴木しげさん。

「今でこそ一般的に行われている料理リハビリですが、当時は調整にかなり苦労しました。それでも導入したのは「利用者さんの『やりたいこと』だったからです」(鈴木さん)。

デイサービスらしくない「カルチャースクール」という名前が示すとおり、ここはやりたい遊びや勉強や労働などを楽しんでもらうのがコンセプト。なかでも、利用者の希望が多かったのが料理でした。

当初は、自分たちが調理したものは事業所内で食べるだけでしたが、昨年6月、レストランの開設をきっかけに一般客にも提供。野菜中心で家庭的な味つけのメニューは「安くておいしい」と家族連れにも好評です。また、地域の人に食べてもらうようになったことで、利用者の「役割意識」がより高まりました。調理をする利用者は、有償ボランティアとして対価を受け取るシステムにしたことも充実感につながっています。

NPO法人シニアライフセラピー研究所 カルチャースクール亀吉(神奈川県藤沢市)
利用者が併設のレストラン「かめキッチン」の厨房でランチメニューを調理。隣の障害者就労支援事
業所で作ったパンもレストランで提供する。高齢者と障害者が共に働く共生型のデイ。

文/松崎千佐登 写真/中村年孝

この記事が掲載されている号

レクリエ 2019 5・6月号

レクリエ 2019 5・6月号

38,39ページに掲載

おもなレク
  • 5・6月の壁画「尾瀬の水芭蕉」
  • ごぼう先生の大吉体操「反射力」
  • 機能向上のための大人数でも楽しめるレク
  • バリアフリー2019へ行こう!
  • 信頼関係を築くための「接遇力」を身につけよう!
  • 「パーソン・センタード・ケア」に沿った認知症ケア

みんなが読んでいる記事

最新号

レクリエ 2019 7・8月号

レクリエ 2019 7・8月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

会員ならではの3つの特典

  • 「今日は何の日?」
    が届く

  • 型紙・ぬり絵
    ダウンロード

  • 会員限定
    コンテンツ

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ