レクリエ レクリエ レクリエ

「今日は何の日?」がもっと読みやすくなりました!

「今日は何の日?」がもっと読みやすくなりました!

大好評の「今日は何の日?」。『レクリエ2020年 3・4月』から、誌面の文字が大きくなってさらに読みやすくなりました。本誌では、3月、4月の行事や記念日、二十四節気、七十二候2か月分のお話ネタをご紹介しています。

3月3日 金魚の日
金魚は室町時代に中国から伝来し、江戸時代から養殖が盛んに行われるようになりました。当時は高価だった金魚をひなまつりに一緒に飾ることで、家の裕福さをアピールしたと考えられています。それにちなみ、3月3日が記念日に制定されました。

3月5日

二十四節気 啓蟄(けいちつ)
「啓」の字は「開く」、「蟄」の字は「虫などが土の中に隠れて閉じこもる」という意味。『広辞苑』には、「冬ごもりの虫がはい出る」とあり、春の季語にもなっています。

七十二候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
だんだん暖かくなり、土の中で冬眠していた虫たちが顔を出し始めます。昆虫だけでなく、ヘビやカエル、トカゲなども目を覚まして活動開始!

関連キーワード

最新号

レクリエ 2020 5・6月号

レクリエ 2020 5・6月号

定価1,950円(税込)

レクリエ会員募集中!

  • 型紙・ぬり絵が
    ダウンロードできます
    (バックナンバーのみ)

登録作業はたった1分だけ!

無料会員になる

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ