レクリエ レクリエ レクリエ

やさしいぬり絵 歌と果物編

レクリエブックス

脳トレ・介護予防に役立つやさしいぬり絵 歌と果物編

発売日:2022/6/22
篠原菊紀(監修)
価格:1,210円(本体1,100円+税10%)
ISBN:978-4-418-22217-9
A4判 64ページ

※書店によってはお取り扱いが無い場合がございます。あらかじめご了承ください。
※電子版は紙の書誌と内容が異なる場合や掲載されないページがある場合がございます。また、印刷はできません。あらかじめご了承ください。

もくじ

●ぬり絵の効果・ねらい
●「リンゴの唄」
●「ドレミの歌」
●「サッちゃん」
●「帰れソレントへ」
●「すいかの名産地」
●「揺籠のうた」
●「山葡萄みのる頃」
●「山口さんちのツトム君」
●「大きな栗の木の下で」
●「桃太郎」
●「野いちご」
●「秋の子」
●「黄色いさくらんぼ」
●「赤とんぼ」

もくじを読む

担当編集者からオススメの一言

果物が歌詞に出てくる、昭和のなつかしい歌の情景を、シンプルな絵柄のぬり絵に!
誰もが耳にしたことのあるような昭和の歌14曲を厳選しました。
共通点は、リンゴ、イチゴ、オレンジ、スイカなどの果物が出てくる歌ばかり、ということです。
歌詞を見て情景を楽しみながらぬることができ、好きな果物の話から会話も広がります。
ひとつの歌に“大きいぬり絵”&腕の可動域が狭くなった人にもぬりやすく、ぬった後には自分で言葉を添えることができる“絵葉書サイズ”のぬり絵がついて、全てに原寸大の仕上がり見本つき。

出版社からのコメント
「リンゴの唄」「サっちゃん」「すいかの名産地」「山口さんちのツトム君」「黄色いさくらんぼ」……
昭和の童謡には、歌詞の文学的な香り高く、美しい日本語の歌がたくさんありますね。
この本では、そうした美しい日本語の童謡に加え、テレビを中心に流行したような歌もあわせて全14曲、誰もが知っている歌を“歌詞に果物が出てくる”をキーワードに集めました。
形や色を識別しながら手を使うぬり絵は、脳への好影響が期待できます。大きくぬることのできる絵に加え、絵手紙にできるハガキサイズのぬり絵もありますので、自分で好きな言葉を書き込んで親しい方に送る楽しみ方もできます。

著者について
篠原菊紀(しのはら・きくのり)
脳科学者 公立諏訪東京理科大学教授

最新号

レクリエ 2022 7・8月号

レクリエ 2022 7・8月号

定価:2,140円(本体1,945円+税10%)

年間購読のご案内

  • レクの悩みを
    解決できる

  • 買い逃しが
    なくなる

  • 送料無料

詳しくはこちら
ページ
トップへ