暮らしの歳時記 あじさいの話

2016年05月24日

#

5月の終わりから梅雨の間、紫やピンクの花を咲かせるあじさい。なんと、原種は日本の額あじさい。それが品種改良されて全世界に広がりました。

あじさいは別名を「七変化(しちへんげ)」「八仙花(はっせんか)」というように、花が咲いてから時間が経つと色が濃くなったり薄くなったり、また土の成分によっても異なったりと、見る者を楽しませてくれます。

あじさいは幕末に日本に滞在したドイツ人医師・シーボルトによって「オタクサ」と名づけられましたが、その由来は、シーボルトの妻であった日本人「お滝(たき)さん」からきているのではないか、との説もあります。ロマンチックなお話ですね。
文/高須生恵
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2016 5・6月号75ページに掲載

おもなレク
レク1 みんなで作る「大空を泳ぐこいのぼり」
レク2 新聞紙で作る「武将かぶと」
レク3 コミュニケーションにつながる口腔機能向上レク
レク4 お風呂に入るための体操
レク5 認知症予防のための筋力トレーニング
レク6 目からウロコ!介護の現場Q&A
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

5月27日

三代目若乃花横綱昇進
若乃花と貴乃花の「若貴兄弟」。横綱昇進は、弟の貴乃花が22歳と早かったのに対して、兄の若乃花は27歳の時。1998(平成10)年5月場所後の5月27日でした。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ