11・12月の制作 おりがみの柿を添えて「俳句の短冊」

2017年10月16日

#

おりがみの柿を添えた短冊を作りましょう。俳句は自作の句でも有名な俳人のものでもOK!

制作/おさだのび子 写真/伏見早織(本社写真部) 折り図/大森裕美子

ねらい

  • おりがみを折ることで、手指の巧緻性の維持を図る。
  • 柿をテーマに俳句を詠んだり書いたりして季節を感じ、脳の活性化を促す。
  • 毛筆に触れることで、落ち着いた時間を過ごす。
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2017 11・12月号12ページに掲載

おもなレク
レク1 秋の壁画 銀杏並木の散歩道
レク2 雪の結晶のオーナメント
レク3 掃除・洗濯のためのゲーム&レク
レク4 「バリデーション」を生かそう!
レク5 認知症ケア〜トイレ介助編
レク6 今日は何の日?11月[霜月]
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

2月18日

方言の日
鹿児島県・奄美諸島の方言を大切にしようと制定されました。島の人口の減少により、継承が難しく、「消滅の危機にある言語」のひとつといわれているそうです。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ