虐待につながる「不適切ケア」 日常のケアを振り返り、適切かどうか考えてみましょう

2018年08月08日

#

日々の介護に潜む「不適切ケア」
「虐待をしていませんか」と問われたら、職員の多くは「そんなことしていません!」と答えるでしょう。では「不適切ケア」はどうでしょうか?

虐待とは、意図的かそうでないかにかかわりなく、相手の人権を侵害し、その生命・健康・生活を
損なうことです。一方、不適切ケアは、虐待とは言い切れないものの適切ではない、つまり虐待とのグレーゾーンにあるケアのこと。配慮が不足することで相手に嫌な感情を残してしまいます。日常のなかで無意識に行われることが多く、介護者がよかれと思って行ってしまうこともあります。

この不適切ケアは、いわば“虐待の芽”のようなもの。放っておくと、虐待につながりかねません。知らず知らずのうちに不適切ケアを行っていないか、日々振り返りをすることが大切になります。そのケアが「本当に相手に配慮したものであるか」を念頭に、自分の都合や思いが先に立っていないか、利用者の気持ちや体の状況が理解できているか、自分の行動や態度、言葉づかいが適切であ
るかを、しっかりと見直していきましょう。

見つけた不適切ケアは皆で話し合い、改善を
虐待や不適切ケアの背景に、職場環境があることは否めません。業務の忙しさや人員不足から、効率優先になり、利用者の気持ちに配慮する余裕がなくなると虐待や不適切ケアに結びついてしまいます。

虐待や不適切ケアは職場全体の問題です。組織として、何が原因であるかを検証し、ケア全般を見直し、職場環境も含めた改善を図ることが必要になります。そのためには、日常的に自分たちのケアの問題点を話し合える場を設けることが重要。「もしかしたら、これって……」と思った時に、みんなで話し合い、全員で共有していくことが、“芽”を摘み取っていくことにつながります。

本誌では具体的に振り返りのポイントを解説しています。
監修/ケアホーム西大井こうほうえん施設長 田中とも江
上川病院総師長在職中から「縛らない看護」に取り組む。以来、拘束廃止、虐待予防に携わり続け、「抑制廃止福岡宣言」(1998年)、「九州宣言」(1999年)のきっかけをつくる。2009年より現職。拘束廃止研究所所長。NPO法人シルバー総合研究所理事。

文/高野千春 イラスト/尾代ゆうこ
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2018 9・10月号52ページに掲載

おもなレク
レク1 9・10月の壁画 お月見と桔梗
レク2 重ねて貼って広げる「秋の実りのオブジェ」
レク3 自立支援のための「意欲」を引き出すレク
レク4 虐待につながる「不適切ケア」
レク5 ごぼう先生の大吉体操「下肢」
レク6 たこ焼き器で料理レク!「カレー焼きポテト」
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

8月21日

パーフェクトの日
プロボウラーの中山律子選手が、1970(昭和45)年8月21日に女子プロボウラー初のパーフェクトゲームを達成しました。12連続ストライクで300点はすごいですね。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
ネットで買える特選レクリエ ペタボー マグネット吹き矢 ミラクルグリップ
レクリエブックス
レクリエチャンネル