うまくいかないのはなぜ? 一人で徘徊する認知症利用者への対応【前編】

2018年07月04日

#

Q 利用者が施設内を一人で歩き回るので、外へ出てしまわないか心配で目が離せません。どうしたらいいでしょうか?
Aさんは一人で施設内を歩き回ることが度々あります。座るように促しても、ずっと歩いています。施設の外へ出ようとして騒ぎになったことも。以来、外に出てしまうのではないかと気になり、目を離すことができず困っています。

20180704_02


A 一人歩きの原因の多くは「不安」。無理に止めるのではなく、まずは、どうしたら安全に歩いてもらうことができるかを考えましょう。
介護者は、「一人歩き=危険で、させてはいけないこと」ととらえがちですが、見方を変えると本人に気持ちの安定をもたらし、筋力の維持にもつながるという考え方もあります。まずは、歩きたいという気持ちを尊重してみましょう。

対応のポイント
一人歩きをする人の多くは、認知症によって落ち着かない状態にあると考えられ、その背景には「自分の居場所がない」「家に帰りたい」などの不安感があります。歩くことでその不安を解消しようとしていて、そのような人を「座ってくださいね」と引き戻そうとすることは、かえってストレスを与えることになってしまいます。また、BPSD(行動・心理症状)の悪化やアパシー(感情が鈍くなる、無気力な状態)の発症につながりかねません。

一人歩きには、確かに転倒や事故の恐れがあります。しかしその半面、気持ちを落ち着かせ、歩行運動による筋力の維持・向上、さらに、食欲増進や夜間の熟睡につながるなど、よい面も多くあります。

一人歩きを「困った行動」ととらえ、やめさせることを前提に考えるのではなく、どうしたら安全に自由に歩いてもらえるかという方向で考えてみましょう。「手すりを使うように声かけをする」「出入り口が見えないようにする」など、ちょっとした気配りや工夫をすることで、“歩ける”環境を整えることができます。職員がそのためのアイデアを出し合うことも大切です。
監修/伊東美緒
東京都健康長寿医療センター研究所研究員、看護師、保健師。介護施設や在宅での認知症ケアを研究。著書に『認知症の方の想いを探る~認知症症状を関係性から読み解く~』など。

文/高野千春 イラスト/田上千晶
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2018 7・8月号58,59ページに掲載

おもなレク
レク1 7・8月の壁画 海の中の魚たち
レク2 天の川の吊るし飾り
レク3 自立支援のための下肢を強くするレク
レク4 ハンガーを使って作業療法的トレーニング
レク5 今日は何の日?~7月【文月(ふみづき)】
レク6 介護保険改正で現場はどうなる?
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

9月22日

淡谷のり子の命日
ブルースの女王、淡谷のり子。戦時中も、「ドレスは歌手の戦闘服」と、決してもんぺをはきませんでした。1999(平成11)年9月22日、92歳で亡くなりました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
ネットで買える特選レクリエ ペタボー マグネット吹き矢 ミラクルグリップ
レクリエブックス
レクリエチャンネル