うまくいかないのはなぜ? 得意なレクを嫌がる認知症利用者への対応【後編】

2018年04月26日

#

レクの時、こんな様子が見られたら……


体操などで自分の動きが合っているか周囲に確認する
失行が生じると、周囲の人と同じように体を動かしているつもりでもできないことがあります。本人もそれに気づき、不安になって周囲に何度も確認します。そうした行動は、ほかの利用者に嫌がられてしまうこともあります。


20180426_2


ほかの人の動きが見える外側の席に移動してもらう
外側の席に移動すると、ほかの人の動きを見てまねできるだけでなく、周囲から指摘されることもなくなります。それでもうまくいかない時は、介護者が手や足に軽く触れ、動くタイミングを伝えるようにしましょう。


20180426_3


できていたぬり絵やパズルができなくなった
空間の位置関係がうまく認知できなくなると、ぬり絵などをうまくぬれなくなったり、パズルもできなくなったりします。ご本人はそのことに混乱していることが多く、「頑張ってやってみてください」などの声かけはより混乱を招いてしまいます。


20180426_4


自尊心を傷つけないよう簡単なものを勧める
本人はできないことを「認めたくない」「知られたくない」と思っています。ですから、自尊心を傷つけないよう「ぬりにくい紙でしたね」「間違えたパズルを渡してしまいました」などと声をかけて、簡単なぬり絵やパズルに変更したり、本人が得意なレクに誘導したりしましょう。

監修/伊東美緒
東京都健康長寿医療センター研究所研究員、看護師、保健師。介護施設や在宅での認知症ケアを研究。著書に『認知症の方の想いを探る~認知症症状を関係性から読み解く~』など。

文/高野千春 イラスト/田上千晶
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2018 5・6月号58,59ページに掲載

おもなレク
レク1 5・6月の壁画 折り染めのあじさい
レク2 端午の節句の壁飾り
レク3 ごぼう先生の大吉体操「バランス」
レク4 「役割」を感じられるレクのコツ
レク5 バリアフリー2018へ行こう!
レク6 こんな時どうしたら?身体介助Q&A
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

5月27日

三代目若乃花横綱昇進
若乃花と貴乃花の「若貴兄弟」。横綱昇進は、弟の貴乃花が22歳と早かったのに対して、兄の若乃花は27歳の時。1998(平成10)年5月場所後の5月27日でした。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ