こんな時どうする?身体介助Q&A A:入浴介助がうまくいきません【後編】

2018年04月12日

#

(前編はこちら)


A1. 利用者の足の甲を押さえ、前に引くように介助すれば少しの力で立ち上がれます。


利用者の足の指を押さえる
介護者が浴槽に入り、壁側を背にして立ち、両足の土踏まずで利用者の足の指を軽く押さえます。利用者の足が浮きにくくなるので足にしっかりと体重を乗せられ、立ち上がりやすくなります。


20180412_2


でんぐり返りのように前傾する
介護者の手を持ち、でんぐり返りをするように体を前に倒しておしりを持ち上げ、体重を足の裏に移します。水分で滑りやすいので、手首とひじの間の腕をつかんで介助するのがよいでしょう。


壁に寄りかかる
利用者の足を押さえたまま、後ろに倒れるように利用者の腕を引きます。

監修/医療法人湖青会 理学療法士 出野智子
金沢大学医療技術短期大学部理学療法学科(現・金沢大学医薬保健学域保健学類理学療法学専攻)卒業。滋賀県立小児整形外科センター(現・滋賀県立小児保健医療センター)などを経て、2000年より医療法人湖青会で幼児から高齢者までを対象とした訪問リハビリテーションを中心に従事。著書に『リハビリテーションの考え方をとりいれた介助のしかた』(日本医療企画)がある。

イラスト/さいとうかこみ
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2018 5・6月号53ページに掲載

おもなレク
レク1 5・6月の壁画 折り染めのあじさい
レク2 端午の節句の壁飾り
レク3 ごぼう先生の大吉体操「バランス」
レク4 「役割」を感じられるレクのコツ
レク5 バリアフリー2018へ行こう!
レク6 こんな時どうしたら?身体介助Q&A
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

6月21日

夏至(げし)
夏至は1年で最も昼の時間が長い日。冬至はかぼちゃを食べる習慣がありますが、夏至も関東の小麦餅など、きまった食べ物を食べる習慣が残っている地域があります。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
ネットで買える特選レクリエ ペタボー マグネット吹き矢 ミラクルグリップ
レクリエブックス
レクリエチャンネル