うまくいかないのはなぜ? 利用者同士の関係が悪いときの対応【前編】

2018年01月11日

#

Q 元気な利用者が認知症の利用者の悪口を言うなど、利用者同士の関係が悪くて困っています。どのように対応したらいいのでしょうか?
認知機能が保たれている利用者Cさんは、食事介助が必要な人や徘徊の症状のある人を見て、「ああなったらおしまい」と大声で言い放ちます。利用者同士がギクシャクし、介護者Dさんは困っています。


20180111_02


A 介護者同士の雰囲気が悪いと、利用者間の関係も悪くなります。介護者同士の関係を見直してみましょう。
利用者は介護者の人間関係をよく見ています。利用者間のギクシャクとした雰囲気は、介護者同士の人間関係を反映していることが少なくありません。まずは介護者の側が自分たちを省みて、よい雰囲気を保てるよう気をつけることも大切です。


対応のポイント
利用者は、ほかの利用者よりも、むしろケアをしてくれる介護者のほうに関心を向けていることが多くあります。利用者が、自分へのケアとほかの人へのケアを比較して、不満を持つのもそのため。介護者の人間関係にも敏感で、その関係によって左右される場の雰囲気にも影響されてしまいます。介護者はこのようなことを理解して、自分たちの関係を振り返ってみることが必要でしょう。


人間関係のことですから、相性もあれば、業務の得意、不得意もあります。しかし、介護者としては「施設内は利用者のための場所」であることを第一に考えたいもの。それには介護者同士が相手のケアを認め、よいところはほめて、よい関係を築いていくことが大切です。競い合うのではなく認め合う─そういう気持ちを持つことを忘れないようにしましょう。


 

監修/伊東美緒
東京都健康長寿医療センター研究所研究員、看護師、保健師。介護施設や在宅での認知症ケアを研究。著書に『認知症の方の想いを探る~認知症症状を関係性から読み解く~』など。

文/高野千春 イラスト/田上千晶
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2018 1・2月号60,61ページに掲載

おもなレク
レク1 1月の壁画 福を呼ぶ招き猫
レク2 おりがみの鬼で「節分飾り」
レク3 買い物のためのゲーム&レク
レク4 ホットプレートでチョコレートフォンデュ
レク5 ヒヤリ・ハット&事故報告書
レク6 認知症ケア~人間関係の改善編
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

6月25日

東京馬車鉄道開業
馬車鉄道とは、馬が線路の上の車を引く鉄道のことです。19世紀半ばにアメリカで始まり、日本では1882(明治15)年6月25日に新橋と日本橋の間で開通しました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
ネットで買える特選レクリエ ペタボー マグネット吹き矢 ミラクルグリップ
レクリエブックス
レクリエチャンネル