保育園併設、園児が毎日遊びに来る! 園児との交流で笑いが絶えないデイ【1】

2017年11月22日

#

毎日、併設した保育園からひ孫のような子どもたちが遊びに来るデイサービスがあります。園児たちとの日常的な交流で利用者の笑顔が増える、「葛城デイサービスセンター」を訪ねました。


デイの一番人気は園児との交流
「こんにちは!」。元気な声とともに5人の子どもたちがやってきました。拍手で迎えたのは15人の利用者たち。子どもたちが一人ひとり挨拶すると、「よく来たね」と目を細めます。


ここは茨城県つくば市にある「葛城デイサービスセンター」。毎日、午後3時になると併設の「かつらぎ保育園」から年長クラスの園児4~5人が交代で遊びに来ます。


171122_02


まず、おやつタイム。利用者と園児が一緒に「おやつの歌」を歌って「いただきます」。食べながら「あのね」「そうなの」と会話が弾みます。


おやつの後はゲームの時間です。この日は細く切った牛乳パックを積み上げるゲーム。真剣な表情で積み上げる園児の隣で利用者も積んでいきます。でも気になるのは、やはり子どもたちのよう。「こうすると倒れないよ」と、自分のことはそっちのけで園児に手を貸す人も。また「一番高く積んでる。すごい」と園児に言われた男性利用者は、感嘆の声と尊敬の眼差(まなざ)しに応えるかのようにさらに高く積み上げていました。


交流は30分ほど。スタッフに「そろそろ帰る時間よ」と促された園児たちは利用者に手を振りながら、「またね」と保育園に戻っていきました。

社会福祉法人 葛城福祉会 葛城デイサービスセンター(茨城県つくば市)
文╱佐藤ゆかり 写真╱中村年孝
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2017 11・12月号38,39ページに掲載

おもなレク
レク1 秋の壁画 銀杏並木の散歩道
レク2 雪の結晶のオーナメント
レク3 掃除・洗濯のためのゲーム&レク
レク4 「バリデーション」を生かそう!
レク5 認知症ケア〜トイレ介助編
レク6 今日は何の日?11月[霜月]
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

5月23日

日本初の地下鉄開通
1915(大正4)年5月23日、東京駅と東京中央郵便局のあいだに、郵便物を運ぶ地下電車が開通。赤レンガの地下トンネルを、電気機関車が貨車を引いて運行しました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ