介護最新ニュース SOMPOケアの「介護度改善応援保険」

2017年11月07日

#

日本の高齢者の介護ニーズの高まりとともに、民間の介護費用保険にもさまざまなものが見られるようになりました。なかでも注目なのが、今秋に発売された「介護度改善応援保険」です。


これは保険会社大手のSOMPOホールディングス(以下、HD)と、アイアル少額短期保険の共同研究に基づいたもの。公的介護保険の要介護・要支援認定を受けている人が対象となり、1年間の保険期間中に要介護・要支援の区分が改善すると「介護改善保険金」が支払われます。これにより、要介護度改善に向けた本人の自助努力を促すわけです。


保険料は年間5千円、1万円、2万円の3パターン。保険金は保険料の5倍です。既存の保険でも、一定期間状態が悪化しない場合に一時金が支払われるケースはありますが、要介護度などの改善を給付要件とした保険は珍しいと言えるでしょう。


介護保険サービスのほとんどは、要介護区分が上がれば自己負担も増える仕組み。さらに制度改正で2割・3割負担が導入されるとあって、利用者にとっても介護度の改善は切実な課題です。ちなみに、平成27年度の「介護給付費等実態調査」(厚生労働省)によれば、要支援1〜要介護5の認定を受けた約380万人のうち、区分が改善した人は1割程度にとどまっています。この保険は、そうした現状を変え、利用者の頑張りを支える大きな力となるかもしれません。


今秋の発売は、まずSOMPOケアネクストなどHD傘下の企業が運営する施設の入居者・利用者が対象。その後、グループ外の施設入居者にも販売を広げていく方針です。

文/田中 元
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ 2017 11・12月号66ページに掲載

おもなレク
レク1 秋の壁画 銀杏並木の散歩道
レク2 雪の結晶のオーナメント
レク3 掃除・洗濯のためのゲーム&レク
レク4 「バリデーション」を生かそう!
レク5 認知症ケア〜トイレ介助編
レク6 今日は何の日?11月[霜月]
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

11月21日

世界ハロー・デー
この日に10人の人にあいさつをすることで、世界中の指導者たちに「紛争よりも対話を」というメッセージを伝えようと、第四次中東戦争をきっかけに制定されました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ