障害をふまえた介助のコツ 円背の人の立ち上がりの介助

2017年10月24日

#

前傾を促しながら、お尻・肩甲骨を支えて立ちます

しっかり前傾してもらいます
重心が支持基底面に移ったところで、お尻・肩甲骨を手のひらで支えながら立ち上がります。

常時、背もたれと腰のあいだにクッションを置きます
座っている時に、常にクッションや座布団などを置くことで腰の緊張が緩和し、立ち上がりもしやすくなります。普段から当てておくと円背の進行予防にもなります。

足を手前に引いてもらいます
足を引くことで、体の重心が支持基底面内に入りやすくなります。
監修/田中義行(たなか よしゆき)
理学療法士。株式会社大起エンゼルヘルプ、品川区立東大井地域密着型多機能ホーム在職。身体拘束廃止活動に積極的に取り組むとともに、研修会や講演活動で全国に出向く。著書は『潜在力を引き出す介助』(中央法規出版)ほか多数。

イラスト/竹口睦郁
このページを印刷する このページのURLをメールで送る

この記事が掲載されている号

#

レクリエ2017 特別号58ページに掲載

おもなレク
レク1 機能向上トレーニング
レク2 機能向上のための指の体操
レク3 紙コップで作業療法的トレーニング
レク4 できなくてあたりまえ体操
レク5 図解 障害特性をふまえた機能向上
レク6 計算でトレーニング
内容を詳しく見る amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

お知らせ

お知らせの一覧を見る

今日は何の日?

11月21日

世界ハロー・デー
この日に10人の人にあいさつをすることで、世界中の指導者たちに「紛争よりも対話を」というメッセージを伝えようと、第四次中東戦争をきっかけに制定されました。
今月の暦を見る

記事を探す

レクを探す
話のネタを探す
読み物を探す
レク素材を探す
レクリエ本誌
レクリエ公認ブログ
LINE@
レクリエブックス
レクリエチャンネル
介護クリップ